キャッシングの審査は無職だと通ることは出来ないでしょうか?

体調不良や心理的なものなど…いろいろあって3年ほど前に、勤めていた会社を辞めました。しかし、支えてくれている家族にこれ以上は負担もかけたくないし、そろそろ社会復帰したいと真剣に考えています。

そのために、まずは短時間勤務のアルバイトからでもいいかとは思っていますが、並行して、資格取得もしたいと思っています。通信制のほうがお金が掛からなくていいし、時間も作りやすいので…自宅で頑張るつもりです。

バイトを探しながら、先に勉強は進めていきたいと思ってるのですが、さすがにいきなり資金を作ることはできなくって。無職で借入ってやっぱり審査を通るのは難しいでしょうか?

大手は無理でも中小消費者金融なら可能性はありますよ!

大手消費者金融会社の場合だと、どうしても条件に“安定した収入のある人”というのがあるので、無職という時点で申込は出来ません。しかし、これが中小消費者金融会社へと視点を切り替えた場合、借入できる可能性はあります。

すべての中小消費者金融会社が対応しているわけではありませんが、中にはこういった社会復帰を目指している人に条件付きで低額融資をしているような会社もあります。どんなに借入出来てもの、10万円?30万円程度ではありますが、0の状態の人間からしたら、とても有り難いことです。
(⇒中小消費者金融ならではの強み

通常の消費者金融会社からの借入をしたい時の申込よりも、提出書類が増えたり、両親や配偶者などの同意書が必要だったりと手間は掛かりますが、それでも本当に必要であれば苦ではないでしょう?

しかもその後、アルバイトでも決まれば、返済していくための目安も出来るので、より前向きに社会復帰を目指していけるでしょう。せっかく前向きな気持ちが出てきている今だからこそ、思いを実行に移して、再スタートに向けてのスタートラインに立ちましょう。

ただ気をつけて欲しいのが、会社選び。無職の人に貸付をしている中小消費者金融会社というのは、このように自立をサポートする意味で融資しているところもあるのですが、混在して悪徳業者…つまり闇金もいるので、口コミや書き込みなどをチェックして、どこを利用するのがいいかをしっかり確認しておきましょう。

また、たとえ無職でも審査は行われますから、「審査なし・即日融資」などと謳っているところは絶対にやめておいて下さいね!

無職でもキャッシングの審査に通ることが可能です

一般に無職の場合、キャッシングの審査に通るのは難しいといわれます。キャッシングは基本的に無担保無保証で、返済できなかった場合に回収する担保物件や、代わって払ってくれる保証人が必要とされません。その分、申し込んだ本人の返済能力が何よりも重視されるわけです。ですから、定収入があることが第一条件といえます。しかし場合によっては、無職でも借入が可能なことがあります。

たとえば専業主婦が、配偶者の名義で借入を行う場合です。もちろんこの場合、本人確認や収入証明などの必要書類は、配偶者の物を用意します。また、配偶者名義でのキャッシングを消費者金融で行う場合は、同意書を求められることがあります。なぜかといえば、消費者金融には総量規制があり、同一名義での借入は、年収の3分の1に相当する金額が限度となるため、その分配偶者の借入可能枠が小さくなるからです。ですから、もし配偶者に内緒で借りたい場合は、銀行の利用がお勧めです。(参考ページはこちら→銀行からの融資がお勧めできるケース

その他に無職であっても、株の配当金やFXなどの収益がある場合は、収入があるとみなされますので、審査に通る確率が高いです。また、年金も定収入となりますので、年金受給者の場合は申し込みができます。それ以外に、キャッシングの時点では無職でも、近々入社予定の人、内定をもらっている人の場合は、融資をしてもらえることがありますので、自分が借りようと考えている金融機関で、一度相談してみるのがいいでしょう。また、派遣会社に登録して籍を置いている場合は、就業していることになりますので、融資をしてもらえる可能性が高くなります。

それ以外には、たとえばパートやアルバイト、フリーターであっても、何らかの収入があれば、審査に通ることもあります。この時は、審査基準の緩い消費者金融を利用するといいでしょう。やはり本人確認と収入証明の書類を用意しますが、給与明細などの書類が発行されていないような場合には、収入額がわかる書類、たとえば、給与が振り込まれる口座の通帳などを持参するといいでしょう。