中小キャッシング業者のほうが審査が甘いってホント?

キャッシングを申し込みたいと思って、今、いろいろ調べているんですけど。審査基準が厳しいとか、甘いとかっていうのがあるじゃないですか?アレって、どうも中小キャッシング業者のほうが審査が甘いってカンジの内容が多い気がするんですけど。実際のトコ、この情報ってアテになるんですか?(参考ページはこちら→融資に関する口コミはどこまでアテにできるのか

審査が厳しいとか甘いというのは、実際にはありません

審査というのは、お金を貸し付けるにあたって、借入を希望する人物に対して「この人には信頼できる人物か、返済能力はどのくらいあるか」ということを調べ、どのくらいまでなら貸付しても問題ないかを調査するものです。しかも、消費者金融側が法律に反しない貸付をするためのものでもあるので、基本的には審査基準のベースとなるのは法律。国が認めた正規経営店であれば、特に差はありません。(参考ページはこちら→融資の審査水準はそこまで変わらない?

となると、何故「審査が厳しい」とか「審査が甘い」とかいわれるのかと疑問に思いますよね?これは、国が決めた法律をベースにした基準以外にも、各社が独自に設けた審査基準というものがあるからなのです。

また、この独自の審査基準はその消費者金融会社がどの範囲で融資枠を設けているのかにもよります。低金利・高額融資の大手消費者金融であれば、リスクが高くなる分、審査基準は細やかに設定されます。

逆に、高金利・低額融資の中小消費者金融は、リスクが低くなるので、審査基準を緩めることができます。この独自の審査基準により、人によって通りやすい会社とそうでない会社も発生します。この比率が「審査が厳しい」とか「審査が甘い」という、借入側からする評価へと繋がっているのです。

このような状況から、中小消費者金融会社が審査が甘いと思われがちですが、実は大手と中小がどのくらい融資条件が違うかということなのです。

大手金融業者よりも中小キャッシングの利用がいい場合もある

個人がキャッシングを行う場合には主に消費者金融か銀行が選ばれますが、これら二つにはメリット・デメリットが存在するのでそれらを知った上で、自分に合ったキャッシング業者を選ぶのが大切です。また、特に消費者金融にいえることですが、大手企業と中小企業では多くのサービスが異なったりもします。一般的に銀行で借り入れを行う場合には、金利が安いことが最も大きいメリットです。(参考ページはこちら→低金利は全ての人にとって魅力的です

その代わりに消費者金融と比べて審査が厳しく、融資までの期間が長いことが非常に多いです。一般的に大手キャッシング業者では審査が厳しく、中小キャッシング業者では審査が難しいですが、銀行は消費者金融と比べてその全てが大手と言え、同時に審査ももちろん厳しいです。その性質上安定した収入があり、信用情報機関の事故情報などにも登録されておらず、審査に通りやすい人が大口の融資を受ける場合には非常に適しています。

消費者金融は金利が銀行と比べてやや高くなりますが、審査が緩く、融資までの期間が短いのが特徴です。融資までの時間が短いのは特に昨今の特徴で、最近では申込んだその日に融資を受けられる即日融資なども珍しいものではなくなりました。大手消費者金融であっても大抵の場合銀行よりも審査が緩いのですが、特にCMなどで大々的に宣伝している大手よりも、あまり名前を聞かないような中小キャッシング業者のほうが審査が簡単です。

キャッシング業界で融資額を基準とすると最も30代~40代の年代が借り入れしますが、融資を受ける数が多いのは20代の人たちです。キャッシングというマイナスイメージを持つ方が非常に多いですが、20代の方たちは消費者金融を借りた後に次の給料日に返す等のまるで友達にお金を借りるような雰囲気で利用している人が多いです。金融機関の利用者は多くの場合はじめに利用した金融機関を2回目以降も利用することが多いので、消費者金融では新規ユーザー獲得のために1ヶ月以内に返還すれば利息が無料になる等のサービスを展開して新規利用者獲得に力をいれているところもあります。

【参考ページ】
銀行から借り入れたい場合の注意点