キャッシングの再開には源泉徴収票が必要と聞きました

総量規制いっぱいまで借入をして、サービスを停止されました。最近計算したら、返済もだいぶ終わっているので、だいぶ余裕があるように思えます。

そこで質問なのですが、申請したらキャッシングのサービス再開してもらえるっていう話を聞いたんですが、それには源泉徴収票が必要だともいわれまして。ただ話をしてくれた人もさほど詳しいわけでもない様子で、あまりいろいろと聞くことが出来ませんでした。すみませんが、詳しいことを教えて下さい。

現在の収入を証明するために源泉徴収票が必要になります

借入は一度サービスを停止された場合、その利用の再開を求める場合には、利用者本人から再開希望の連絡を入れる必要があります。

一度は総量規制いっぱいでサービスを停止されているわけですから、そのサービスを再開してもらうにあたって、現在収入を確認してもらい、融資を再開できる状態かを判断してもらうために必要で、源泉徴収票は最新のものを提出する必要があります。最新というのは前年のものということになります。その上で再審査となります。(参考ページはこちら→融資の審査に通る為必要な事は同じ?

審査の結果によっては、融資限度枠に変動がある可能性もありますから、増える可能性も減る可能性もあるわけです。もちろん、現状維持だってありえます。(参考ページはこちら→限度額が減ってしまう要因とは

融資限度枠いっぱいまで借入するのはいいのですが、一度停止されると、このように手続きが多少手間が掛かるので、定期的に利用したいのであれば、融資限度枠いっぱいまで使い込まないように気をつけたほうが、いろいろと手間が少なくていいですよ。

キャッシング・サービスの再開に必要な源泉徴収票

キャッシング・サービスは各消費者金融や金融機関で古くからサービスがされています。キャッシング・サービスは時代とともに制限と改良が行われてきています。

特に、貸出制限については法的に制限が明確になったこともあり、各社で厳密にチェックする体制とともに対応しています。法的な制限は総収入の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限です。消費者金融向けの制限ではありますが、各金融機関でも法律に準拠した制限を審査で行っている場合が多いようです。(参考ページはこちら→各金融業者で共通する事は?

法的な制限にふれてしまった利用者は一時的に貸出が制限されます。契約は停止にならず、返済は続けることになります。支払いが進み、利用額が法的な制限を下回ればまた利用可能になるのですが、貸出再開については手続きが必要になることも多いようです。

キャッシング・サービスの再開の際に手続きが必要になる場合は書類も必要になります。その際に必要な書類は新規契約の際と同様なことが多いようです。必要な書類としては収入が分かる書類、例えば源泉徴収票や市町村で発行される所得証明書が利用できることが多いようです。所得証明の他に借入状況についても再度チェックされることになります。

借入状況は新規契約時に情報保管会社のデータの開示に同意しているので随時チェックされています。他社の借り入れがあった場合はそれも合わせてチェックされます。キャッシング・サービスで再開が厳しい条件としては、借入が多い他に、収入が下がってしまった場合も再開が厳しくなります。法的な制限が収入と借入の状況のバランスで決まりますので収入が下がった場合も一時的に貸出が制限されることがあります。

収入が下がった場合でも借入が減れば再開可能ですし、収入が元に戻る、増えることがあればキャッシング・サービスによって借入が可能になります。以前とは違い、審査がとても早くなってきたので、殆どの場合、すぐにサービスの復帰が可能となっています。
(⇒収入は融資の審査結果に大きく影響