生活保護でキャッシングできるのか教えて下さい!

生活保護受給者です。いろいろあって、まとまったお金が欲しいなって思いまして。

生活保護でも一応手元にお金が入ってくるし…キャッシングってできるのか教えて下さい!
(⇒融資が可能な状態について

生活保護受給者の借入は無理!っていうかやってはいけません

生活保護受給の意味を理解しましょう。現在安定した収入もなく、自身で生活をすることが困難だからこそ、生活保護を受けているのです。コレって税金ですよ。

生活保護や年金として受給したお金は、その人が働いて得た収入ではないため、消費者金融会社などを利用する際の返済に利用してはいけないと法律で決まっています。

もしも生活保護受給者が消費者金融でキャッシングをした場合、ケースワーカーの人に知れたら、間違いなく生活保護の支給額は減額されます。最悪、生活保護の至急そのものを打ち切られる可能性もあります。そんな危険を冒してまで必要な借入なんでしょうか?

生活する上で必要なものが壊れてしまって、それでお金が必要というのであれば、身内に相談するなり、福祉事務所に相談するなりすべきです。

中には生活保護受給者にも融資をしているような、そんなことをいっている業者もあるようですが、それは正規の経営店ではありません。法外な利息を取る闇金業者です。そんなところで借入してしまったら、今後の生活保護費、全部持っていかれちゃいますよ!(参考ページはこちら→金融業者は安全なところばかりではない

現代は生活保護を不正受給する人も増えているため、規制がどんどん厳しくなっていますから、本当に生活が厳しいのであれば、きちんとルールを守った上で周囲に相談すべきなのです。

【参考ページ】
融資が受けられるようになる仕事とは

気になる疑問。生活保護でキャッシングできるのか

生活保護でキャッシングできるのかという疑問ですが、多くの場合不可能です。というのは消費者金融にしろ銀行にしろ審査の際に最も重要視されるのが安定した収入が存在するか否かという点です。安定しているという面では生活保護は当てはまるものの、実際に収入と見なされる場合はほとんどありません。また、国から支給される生活保護というのは生活するために必要最低限なお金として支給されるものであり、借金の返済目的では決してありません。

このためたとえ審査に通ったとしても、国にバレると生活保護自体取り消されて生活が苦しくなることがあります。具体的にはケースワーカーと呼ばれる生活保護を担当する職員が存在しますが、このケースワーカーに生活保護日を借金の返済に充てていることがバレた場合にはその分の金額を生活保護費より減額する仕組みになっています。生活保護を受けている人でどうしてもお金が必要な場合にはまずはこのケースワーカーに相談することが重要です。

冠婚葬祭など、急にお金が入用になった等の理由があればお金を工面してもらえることがあります。生活保護費は生活するため税金から捻出されて払われているお金であり、それ以外の用途に使うのはたとえキャッシング以外のものであっても禁止されています。街金と呼ばれる街の中に点在している小規模な消費者金融の中には稀に生活保護費であっても融資するところがありますが、ヤミなどの悪徳業者である確率が高いため決して利用してはいけません。

やむを得ない事情等で福祉事務所が認めた場合には生活保護であっても国からお金を借りることが可能になり場合があるのでこちらを利用するのがお勧めです。福祉事務所に認めてもらえない理由の場合には生活保護受給ではなく、自分でアルバイトやパートなどで安定した収入を得るのがお勧めです。従来消費者金融の利用者がほとんどサラリーマンであったことからサラ金とよばれた消費者金融ですが、最近ではアルバイトやパートの利用が非常に増えてきています。