キャッシングは年収の3分の1をオーバーしたら利用できないの?

キャッシングって年収の3分の1を超えたら利用できないんですか?

実は今、借入があるのですが、さらに追加で借入をしたい金額と合わせると年収の3分の1を超えてしまうんです。どうしても借入したいんですけど、これってどうにかならないんでしょうか。

総量規制に引っ掛かってしまうので借入は基本的に出来ません

年収の3分の1までというのは消費者金融が決めたルールではありません。総量規制といって、国の定めた法律の中で決まっていることなので、これに違反してまで融資をするところはありません。しかし、それは賃金業法の話。

例外として、銀行法に従って経営している消費者金融がごく一部ですが存在します。その場合、総量規制対象外といって、年収の3分の1を超えた貸付も行えることになっています。が、しかし。実際に借入をするとなると、非常に難しいというのが本当のところです。
(⇒銀行なら年収による融資制限はない?

よほで厳しい条件を満たさない限り、総量規制対象外での借入は難しいのです。年収の3分の1を超えた借入に対しての返済能力を求められるわけですからね。(参考ページはこちら→融資審査は状況によって難しくなる

また、他社での借入がある場合は、絶対といってもいいくらい、審査に通らないのが現状です。まあ、他社での借入があるのにさらに借入をするという時点で、返済能力に欠けると思われて当然でしょうからね。

総量規制対象外での借入をするには、その会社だけの利用だということを始め、返済能力や過去の返済事故歴がないことなど、さまざまな面で厳しい基準をクリアすることが求められますので、なかなか利用できる立場にはいけないのが現状です。

【参考ページ】
借入先の業者のルールに従おう

消費者金融のキャッシングは年収3分の1をオーバーしないように

キャッシングは大きく分けて、銀行と消費者金融のどちらかで行うことができます。一般に銀行は、審査基準は厳しく、金利は低いです。消費者金融は逆に、審査基準は緩く、金利は高めになっていますので、自分の生活スタイルや収入などを基準にして、どちらで借りるのかを決めるといいでしょう。
(⇒借入先同士を比較してみよう

万人向けなのは、やはり消費者金融です。パートやアルバイトでも借入が可能ですし、賃貸物件に住んでいても楽に審査に通ることができます。ただしその一方で、気を付けておかなければならないこともあります。それは総量規制です。この総量規制は、2010年施行の改正貸金業法に設けられているもので、借り過ぎや多重債務を防ぐために、年収の3分の1までの金額を借入限度額と定めています。ですから、複数の消費者金融を利用している場合は、注意が必要です。

なぜかといえば、総量規制は、利用しているすべての消費者金融の借入を対象としているため、複数の会社を利用すると、場合によっては年収の3分の1の金額をオーバーしてしまい、キャッシングができなくなる可能性があるからです。また、専業主婦が配偶者名義でキャッシングを行う場合も、この総量規制があるため、配偶者の同意が必要となることがあります。妻が夫の名義で借り入れるということは、その分夫の借入可能な額が少なくなることを意味するからです。

他にも、クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となりますので、気を付けてください。仮に消費者金融を複数利用していない場合でも、クレジットカードでの借入が多いと、やはり総量規制に抵触することがあります。しかし、それでもお金を借りたいという時はあるものです。その場合は、消費者金融でも、総量規制対象外の業者がありますので、まずそこに申し込んでみるのがいいでしょう。それ以外では、銀行を利用してみるのがお勧めです。銀行には貸金業法でなく、銀行法が適用されますので、総量規制が存在しないからです。