キャッシングの申込に年齢制限はありますか?

今、19歳の大学生です。コンビニでアルバイトしています。最近、1コ上の先輩がキャッシングしたって聞いて、疑問に思ったことがあって。

学生でもキャッシングって出来るんですね。てっきり、社会人にならないと出来ないもんだと思ってました。ってことは、年齢が関係してるってことですか?何歳から何歳まで、キャッシングって利用できるんでしょう?

キャッシングを利用開始することが出来るのは満20歳からです

借金って、確かに大人になってからのイメージがありますから、イコールで“社会人”というふうに考えがちかもしれません。

実際には、安定した収入があれば、学生でも社会人でもキャッシングを利用することは可能です。なので、大学生や専門学生などでも、アルバイトをしていて安定した収入があれば、ある程度の借入は可能なんです。(参考ページはこちら→どんな職業でも融資は期待できます

但しそれは、満20歳を迎えた人が対象。つまり、アルバイトをしていて安定した収入があっても、満20歳に満たない場合には、キャッシングは利用できないのです。また、借入できるのは満20歳?満69歳までというのが一般的な制限です。

例外として、中小消費者金融の中には大学生や専門学生向けの“学生ローン”を設けているところもあるので、満18歳以上でアルバイトをしていれば借入ができるような会社もあります。

また、満79歳というのにも理由があって、年金受給者は消費者金融を利用できません。年金を借入の返済に充ててはいけないからです。年金受給者には国が設けた“独立行政法人 医療福祉医療機構”の年金受給者向けのローンがあり、その機関でのみ、年金を担保に借入が出来ます。もしも一般で、年金を担保に融資をすると謳っている会社があれば、間違いなく悪徳業者・闇金業者です。
(⇒色んな金融業者がありますが安全なところだけを使おう

キャッシングの審査申込みと年齢制限について

カードローンやキャッシングは、そのご利用に際して、金融機関及び金融機関と提携している保証会社の審査があります。審査内容は各金融機関によって若干の違いはありますが、概ねどの金融機関でも、年齢制限と安定した継続的な収入があることを審査の大前提としています。また、安定した収入には、雇用形態を問いませんので、正社員の方でなくても、パート雇用・アルバイト雇用・派遣社員の方などにご利用頂けるようになっています。(参考ページはこちら→バイトなどでも融資を受ける事が可能に

また、本人に収入の無い専業主婦の方は、ご主人に安定した収入があることが確認できれば、申込み対象としている金融機関が多くあります。ただし、その際のご利用極度額は少額になります。カードローンやキャッシングが、金融機関が個人のお客様に対して、信用を担保に貸付けをするローン商品であることを考えれば、専業主婦の方のご利用上限額が他の方と違って少額であることは当然のことだと言えるでしょう。
(⇒専業主婦がお金を借りる方法

比較的どなたでも審査対象となることから、個人の方が資金調達をする方法として、カードローンは飛躍的に普及してきました。かつては、消費者金融が主な提供先でしたが、近年では、銀行をはじめ身近な一般金融機関でも当然のように提供しているサービスです。

ご利用の際には、月々の返済が困難にならないことを基本にしてください。無担保ローンに当たるため、カードローンの金利は通常高めに設定されています。また、金融機関は、それぞれ特色のあるローン商品を販売していますので、それらの情報にアンテナを張り、ご自分にとってメリットの大きな金融機関のカードローンを利用するようにしましょう。

例えば、住宅ローンをご利用中の方に金利優遇をしているカードローンや、銀行との取引状況に応じて金利優遇をしているカードローンなどもあります。給与口座、公共料金の引き落としなど、取引が多いほど金利優遇が大きくなります。近年、銀行の預け入り金利は限りなく0%に近く、その上さらに低下が予想されると言われています。カードローンの金利優遇は、今や大きなメリットと言えるのではないでしょうか。