三井住友銀行のキャッシングは無職でも申し込めますか?

無職なんですけど、お金が必要なのでキャッシング申し込めないかと思いまして。今、三井住友銀行の口座があるので、三井住友銀行のキャッシングが利用できればいいなと思っているんですけど、申込って出来ますか?
(⇒無職にも貸してくれる業者はあるのか

残念ですが、無職の人は三井住友銀行で借入の申込は出来ません

基本的な対象基準として“満20歳以上?55歳の安定した収入のある方”という設定があるように、安定した収入のない無職の人では、申込をすることは出来ません。

これは三井住友銀行に限ったことではなく、基本中の基本として銀行や大手と呼ばれる消費者金融では無職者には融資は行っていません。

低金利で限度融資枠が広い、銀行系のキャッシングは非常に魅力的なのですが、その分審査基準は細かく設定されています。簡単に融資をして返済されなかった場合、低金利・高額融資の銀行は非常に大きな損害を被る可能性もあるわけです。そのため、安定した収入のない人間に融資をするわけにもいかないのです。
(⇒低金利な融資ほど審査も厳しいの?

あくまで銀行側もビジネスですからね。ボランティア精神を出してしまっては、銀行そのものが傾く恐れがありるのですから仕方ありません。

無職でキャッシングをするとなると、どうしても中小消費者金融を探すしかありません。この場合、銀行や大手消費者金融で借入するよりも金利は高めになりますし、融資限度枠も低いため、思い描いている金額以下でしか借入できない可能性もあります。

無職である以上、そうワガママをいって借入をするわけにもいきません。むしろ、無職の状態でも貸してくれるというところがみつかるだけでも有り難いという気持ちいないと、返済に対しても気持ちが疎かになりますから、常に借入したお金には意識を持って利用しましょう。

無職でも融資可のキャッシングと三井住友銀行のカードローン

カードローンやキャッシングの情報は、インターネット上に溢れるほど流れています。カードローンが、金融機関が個人に無担保・無保証人で資金融資をするという特徴であるため、便利に利用出来る金融アイテムとして利用する人が増加してきたことが、情報が氾濫している現状の背景にあるのではないでしょうか。
(⇒融資に関する情報には間違いも多い?

カードローンの利用を検討している方達は、ネット上のキャッシング会社一覧や、実際に利用した方の口コミなどを参考にされる方も多いと思われますが、インターネットの情報は、全てを信じることは出来ません。特に、無職でもキャッシング出来る、ブラックでも融資可能、などの宣伝広告をしている貸金業者でキャッシングの利用をすることは、利用後のリスクを考えるとおすすめすることは出来ません。
(⇒無職では融資を使えないのが一般的

カードローンのメリットを享受するためには、安心して利用出来る金融機関を選ぶこと、そして、必要な金額だけを利用して、余裕資金が出来たなら早期完済をすることが基本です。約定返済が遅れれば、遅延損害金が発生し、返済がなお困難になるリスクを避けることが出来ません。

カードローンの提供先は、かつてのように消費者金融会社だけではありません。銀行や信用金庫などの身近な金融機関でも取り扱いをしており、利用者にとって選択肢の幅が広くなっています。

例えば、三井住友銀行で提供しているカードローンは、ご契約極度額が最高800万円、金利は年4.0%~14.5%、テレビなどでも頻繁に広告されていますのでご存知の方も多いことでしょう。三井住友銀行に口座をお持ちでない方も利用が出来ること、ご契約極度額300万円以下については審査に収入証明書の提出が必要ないことなどが特徴で、利用者にとってのメリットが大きいローン商品です。また、審査のお申し込みは、三井住友銀行のローン契約機、電話、インターネットなど多彩な方法で行えます。

カードローンは、いわゆる個人向けの無担保ローンですので、金利は高めに設定されています。そのことに納得し、約定返済を守れる慎重な資金計画を立てた上で利用するようにしましょう。