キャッシングは何歳まで?ちょっと気になったので知りたいです

今は自分も働いており生活できているのですが、仕事を辞めてからの今後が心配になることもあります。もしもの時のためにキャッシングで契約しておこうと思うですが、何歳まで利用できるのかよくわかりません。歳がいってからも借金はできるものなのでしょうか。(参考ページはこちら→融資の代替の年齢制限について

60歳を超えてもキャッシングすることはできます

利用できる年齢はキャッシング会社によってきめられていて70歳の人にも貸してくれるところもあります。70歳以上の人に貸してくれるところはなかなかありませんが、大抵の会社では20歳から65歳くらいの人が申込みできるようになっています。ホームページなどで確認することができるので何歳まで貸してくれるのか、自分でも確認してみてください。

仕事を辞めている年齢ともなると年金を受け取っている可能性もあるでしょう。キャッシングするには安定した収入が必要で、年金が安定した収入と認められることもあればみとめられないこともあります。認められるところなら60歳以上でも借りられるので申し込みを行ってみるといいでしょう。高齢になってからもお金の借り入れができるとはいえ審査が厳しく行われてしまうことも多いです。審査に落ちてしまうこともあるので複数のキャッシング会社の候補を探しておくと審査に落ちた時に、素早く次のところに申し込むことができます。

あまりたくさん申し込みをしすぎると、申込みブラックになってしまうので、数は2~3件くらいに抑えて申し込みを行いましょう。キャッシングは60歳を超えてもできるし、年金を受け取っていても可能です。借りたお金は返さなければいけませんが、お金に困った時に便利なのでキャッシング会社と契約しておけば力強いです。

キャッシングは何歳まで?年齢制限はあるのか

貸金業法上はキャッシングを利用する人の上限年齢はないものの、多くの場合70歳が限度です。キャッシングは何歳まで?という疑問には70歳までであるといえます。実際には65~70歳までを上限にしている金融機関が多く、70歳以上の場合はまず審査に通りません。当たり前ですが、金融機関でのキャッシングは返せる人にお金を貸してその利息で利益を得ます。返せない人に貸した場合には貸したお金がまるまる損してしまいます。
(⇒融資審査において年齢は絶対条件

高齢者は病気や怪我などで入院してしまう確率が高いため、たとえアルバイトやパートなどで安定した収入を得ている場合であってもお金を返せなくなることが多く、あらかじめ65~70歳未満でなければ審査に落とすと決めているところが多いです。さらには安定した収入があるかどうかが消費者金融にせよ銀行にせよ最も審査で重要視されますが、高齢者は安定した収入が年金しかない場合が多く、これは多くの企業で安定した収入として認められていません。(参考ページはこちら→ちゃんと仕事をしていないと融資は受けられない?

審査に落ちてしまう申請者を審査してした場合には人件費の無駄になってしまいキャッシング業者には何のメリットもないため、なるべく審査に落ちやすい年代は省きたいというのも本音なようです。年齢制限に引っかからない65歳未満の方の場合であっても収入が年金だけの場合では多くの金融機関では審査に通過することができません。審査が厳しいとされている銀行ではもちろんですが、大手消費者金融なども同様なようです。安定した収入が少ない、信用情報機関の事故情報に記録されている、年金しか収入がない等の場合には小規模な消費者金融の利用がお勧めです。
(⇒銀行の審査の方がやっぱりシビア?

消費者金融は銀行と比べて一般的に審査が緩いといわれていますが、大手の場合は申請者も多いことから審査がやや厳しくされる傾向にあります。そのため、大手消費者金融に落ちてしまう人には小規模、具体的に中堅どころがお勧めです。65歳未満であれば多くの場合審査に通過することが可能なので、年齢制限に引っかかってしまう方などは他の家族や知り合いなどにキャッシングをしてもらうのも手です。