20歳未満でもキャッシングができるというのはホントでしょうか

通常、キャッシングは満20歳からと言われています。ですが、最近聞いたところ20歳未満でもキャッシングができるというのです。ですが、やっぱり大手消費者金融や銀行系では満20歳にならないとダメみたいです。どこで20歳未満でキャッシングができるのでしょうか?

学生向けクレジットカードの話を大げさに解釈しているのです

18歳以上ならかなりの契約ができるのがいまの時代。しかしキャッシングをしたいと思ったときに、この年齢の制限はいっきに満20歳になってしまいます。誕生日が来ないうちは厳密に言えばダメなのです。

これは、キャッシングというサービスの性質によるところが大きいでしょう。キャッシングは審査を経て、一定の限度額(極度額とも言います)が設定されます。その範囲なら、何度でも借りて、いつでも返済できます。通常、カードをATMに入れると、キャッシュカードのように簡単に現金が手に入ります。手元に現金がない、まだ給料日前だ、といったときに、とても便利なサービスです。
(⇒キャッシングの強みを理解しておこう

それだけに、「次に入金がある人」のためのサービスとも言えます。この段階でまず働いていない人は審査に通りにくくなることはご理解いただけると思います。専業主婦でもOKのカードローンもありますが、これは配偶者、つまり夫に安定して定期的に収入があることが条件となっています。

法律では18歳でも結婚をしてる人は大人と同じように契約ができます。とはいえ、それでも、消費者金融や銀行系カードローンは慎重です。年齢を引き下げるムードではありません。それは、第一に、過去のデータがないことが大きいでしょう。これまでやったことがないので、リスクが見えないのです。第二にそのリスクは現在の金利の制限では引き受けられない可能性があるからです。ご存じのように金利には法律で上限が決められています。ですから引き受けられるリスクもそこが上限になってしまいます。

一方、クレジットカードには多くの人が便利にキャッシングを使っていることからもわかるように、キャッシングの機能があります。そしてクレジットカードには学生用カードがあるのです。満18歳以上で、高校生は不可。大学生など学生でなければいけません。未成年については親(親権者)の同意も必要です。

ところが、学生用クレカには基本的にキャッシング機能はつけていません。アルバイトをするなどして所得を証明できる人なら、キャッシング枠がつけられる可能性がある、というだけなのです。

また、漏れ聞くところによれば、そのキャッシング枠も極めて小さく、5万円前後、多くても10万円以下と言われています。それは、返済ができない人に貸すわけにはいかないからです。このように満18歳からのキャッシングはあるといえばある、ないといえばない。それが実情です。

20歳未満でもキャッシングでお金を借りられる?

消費者金融のキャッシングは、誰でも簡単にお金を借りることのできるサービスというイメージがあります。確かに消費者金融のキャッシングは銀行などの金融機関からお金を借りるのと比べると審査は比較的緩く、申し込みの手続きも簡単になっています。また、お金を借り入れるにあたっては保証人も担保も必要ないという点がキャッシングの特徴となっています。
(⇒借入先次第で審査に差が出る

そのため、急にお金が必要になったような場面でもすぐに金策をすることができるのがキャッシングの魅力となっていますが、その利用にあたっては最低限求められる資格というものが存在しています。それはキャッシングの利用を希望する人が成人を迎えているということです。つまり、20歳未満の人の場合には消費者金融を利用することができないのです。

20歳未満の人の場合、たとえすでに仕事に就いている人であっても世間的には未成年者として扱われることになります。消費者金融を利用してお金を借りる場合には、消費者金融の業者との間で金銭の賃借契約を結ぶことになりますが、この契約に関しては未成年者の場合には親などの保護者の同意が必要になってきます。

もしも、親などの保護者の同意なしに金銭の賃借契約を結んだ場合、その契約は後に保護者側の申立によって白紙に戻すことができます。これは民法上で認められていることなので、お金を貸付ける側の業者側としてはいつ契約が白紙に戻されるかもしれない契約を結ぶことは原則としてありえません。そのため、20歳未満の人の消費者金融からのお金の借り入れは事実上することができないようになっているのです。

また、仮に20歳未満の未成年者が消費者金融からお金を借り入れられたとしても、一般的には未成年者の収入というものはそれほどの金額ではなく、借り入れたお金の返済は家計を大きく圧迫することになります。最悪の場合、返済のためにさらにお金を借り入れたり、あるいは返済を続けることができなくなってしまう可能性もあります。その点からも20歳未満の未成年者は、消費者金融を利用することができないようになっているのです。
(⇒融資を受ける為の条件を確認しよう