キャッシングで即日融資の場合、所得証明が必要なのか

キャッシングの審査で必要な書類について。即日で借りる場合所得証明が必要になるか教えてほしい。キャッシングは利用したことがなく、どんな書類が必要になるのかわかりません。

必要になることもあります

キャッシングするときに所得を証明できる書類が必要になることもあります。必要にならないことももちろんある。会社によって変わってくるので、公式サイトやキャッシングを紹介しているサイトで確かめてみてください。所得を証明できる書類だと、源泉徴収や給与明細といったものがあげられる。自営業でお金を借りる場合は確定申告や課税証明書といった書類が必要になることもあります。

いつ必要になるのかわからないので用意しておくといいです。即日で借りたいなら、所得証明がなくて借入できない、ということがないようにしましょうね。所得証明が必要になる場合について書いていきます。必要になるときは、お金を借りる金額によって変わってきます。1つの会社から50万円以上借りる、他社からの借り入れも合わせて100万円以上借りる時、に所得証明が必要になってきます。消費者金融、銀行とキャッシングの方法はさまざまあり、方法によって変わってくるのでよく調べてみましょう。
(⇒即日融資を受けたいなら考える事も多い

キャッシングするときには、所得証明のほかにも本人を確認できる書類も必要になってきます。これはほぼ確実に必要になってくるので、必ず用意しておくようにしましょう。車の運転免許証を持っているなら、それでもOKです。なければ保険証などでも大丈夫なので用意しておくようにしましょう。必要な書類はインターネットを利用して調べることもできるので、お金を借りる前に必ず確認は行いましょう。

キャッシングで所得証明書類の提出は必須なのか

キャッシングの審査で必要になる書類の1つに所得証明があります。これは年収を確認するためのものですが、提出は必須ではありません。利用する会社の業態が銀行か信販系、消費者金融系であるかによって提出を求められる条件が異なります。(参考ページはこちら→金融業者による対応の違い

信販系と消費者金融系の場合、貸金業法の総量規制が適用されるため、年収の3分の1までしか借り入れを行えません。この理由により、年収の確認を行う必要がありますが、所得証明が不要になることもあります。貸金業法では「1社の借り入れが50万円を超える場合」「複数の会社の合計が100万円を超える場合」のいずれかを満たすときに確認を義務付けているため、これを満たさない場合には不要です。

銀行のキャッシングを利用する場合、貸金業法の適用がないため、年収の3分の1を超える借り入れが可能であり、前述の条件での収入確認の義務もありません。ただし、高額の融資を行うには利用者の返済能力を確認する必要があるため、それぞれの銀行で定めた金額を超える限度額を利用する場合に所得証明の提出を求められます。これは100万円以上や300万円以上など、銀行によって違いは大きいです。(参考ページはこちら→銀行からの借り入れにもバリエーションが多いです

なお、これは新規契約時だけでなく、利用限度額の増額申請を行い、申請後の限度額が条件を満たした場合にも提出する必要があります。そのため、この場合には所得証明を用意しておくと手続きをスムーズに行うことができます。

注意点として、実際に提出を求める条件は法律を守っていれば各社で決めることができるため、法的に確認の義務がないからと言って確認されないわけではありません。利用額に関わらずに提出が必須になっている場合もあります。これは利用時に提出が必要な書類として明記されているため、よく確認しておきます。

また、利用額が各社で設定されている金額に満たない場合でも、個人事業者であったり、これまで借り入れ状況などから返済能力が低いと見られた場合には所得証明の提出を求められることもあります。(参考ページはこちら→特定の職業では審査に通りにくい?