女性がカードキャッシングを利用している割合を知りたいです

女性でキャッシングカードを持っている人はどのくらい、いるのでしょうか。わたしは利用したことがないのですが、今回お金が必要になったのでカードを持とうと思っています。女性のどのくらいが持っているのかちょっと気になったので質問させていただきました。

女性がキャッシングカードを持っている割合について

キャッシングは便利に借り入れできるので、最近利用している人も増えてきています。調べてみたのですが、キャッシングしている人は、大体7割の人が男性で残りの3割の人が女性。他にも男性8割、女性2割。と調べてみるとさまざま情報が載っていました。女性がカードを利用している割合は、現在キャッシングを利用している2から3割といったところでしょうか。

最近は女性の人が借りやすいようにレディースのローンも存在します。女性専用のローンも増えてきていて、女性がキャッシングカードを持つ人が増えてくるでしょう。女性ローンは電話の対応も女性が行ってくれるようになっているようです。「キャッシング レディース」などでインターネットで検索してみるとかなりの数ヒットします。大手のところにも専用ローンはあるので、借り入れも安心してできます。

ちなみにキャッシングを利用している人は30代くらいの人が多いようです。年齢制限は業者によって違ってくるのですが、大体が65歳くらいまで利用することが可能。審査は年齢が若いほうが審査にも通りやすいので、申し込みは早いほうが良い。最近のキャッシングカードは使う予定がなくても作れるものもあります。

お金はいつ必要になるかわからないので、持っておけば困ったときに素早くお金を調達することができます。キャッシングは業者によってさまざまなコースがあるので、あなたにはどのコースがあっているのか、確認してから申し込みを行いましょう。

カードキャッシングの利用者で女性の割合が増えている理由

ついつい買い物をし過ぎたり、飲み会や遊びに行くのに誘われたり等、予定外にお金が掛かる事というのは珍しくはないです。ですがそういった予定外の出費が重なると、生活費まで使い込んでしまい、次の給料日までの繋ぎのお金が必要になるという事態が起こる事があります。そういった際、以前までは両親か兄弟、或いは親しい友人に借りてピンチを切り抜けるという人が多いものでした。

逆に消費者金融等の貸金業者からお金を借入れするというのは、借金地獄に陥るんじゃないかという怖さがあったものです。というのも事実として、法外とも言える高額な利息を要求した挙句、支払いに遅れが生じると家や会社に押し掛け、脅し文句で凄んで取り立てをするという悪質な業者はそれなりの数、存在していました。なので貸金業者からお金を借入れすると、危険だというイメージはかなり強くあったものです。なので最終手段的に、仕方なく用いるという人が多いものでした。
(⇒今の金融業者は実際どうなの?

ですが最近では、自分の身近な人にお金を借りるよりも、貸金業者からの借入れをするという人がどんどん増えています。しかもカードキャッシングでの借入れで女性の割合というのが、どんどん増えているのです。どうしてカードキャッシングの利用者で女性が多くなっているのかと言うと、まず最初に考えられるのが、男性並に働く女性というのが増えた事です。というのも、最近では結婚したり、出産をしたりした後でも働き続ける人が珍しくない上に、晩婚化も進んでおり、社会に出て働き続ける人が多い分だけ、お金が必要な機会も多くあるのです。(参考ページはこちら→大抵の職業で融資を受ける事ができます

その上、貸金業者に対する法規制が強化された事で、悪質な業者が激減し、借入れの安全性が増したという点も大きいです。しかも消費者金融だけでなく、誰もが知る様な大手銀行もカードキャッシングという形で、手軽に申し込み可能でしかも便利に使えるサービスを、どんどん行う様になっています。お陰で女性でも気軽に申し込めるカードキャッシングサービスが増えたので、利用者も急増したのです。
(⇒銀行のキャッシングは人気な分だけ使いやすいです