派遣社員ですが、キャッシング審査には在籍年数は関係ある?

派遣社員のものですが、キャッシングの審査について教えてほしいです。私は最近派遣社員になったのですが、審査では勤務年数も関係してくるのですか?やっぱり派遣社員になったばかりだと貸してもらうことはできないのでしょうか。(参考ページはこちら→派遣での借り入れは可能なのか

派遣社員だけでなくキャッシングの審査は勤務年数が関係する

派遣社員だけでなく、正規の社員だとしてもキャッシング審査では勤務年数が関係してきます。勤務年数は長いほうが審査で有利になることが多いです。いくら稼ぎがよくて、年収がいい人でも勤務年数が短くて審査に落ちてしまうこともあります。キャッシングでは、年収なども重要ですが借りたお金を返済できる毎月の安定した収入が重要になることもあります。勤務年数が長い人は、働いた年数だけ収入があり安定している。と判断されるので審査で通りやすいのです。(参考ページはこちら→融資審査において重要な事をチェックしよう

最近のキャッシングはアルバイトやパート派遣社員などにも貸し付けてくれ、無職でお金を借りたいならまずはアルバイトや派遣社員になって仕事をもらう。といったことを見かけますが、勤務年数が短いと審査で落ちてしまうこともあるので覚えておきましょう。申し込みをするなら数か月、1年くらい仕事を続けてから申し込みをするようにすると審査で有利になりやすいです。
(⇒仕事に関わらず融資は受けやすくなりました

1年勤務すれば、審査にも通りやすいです。その間にお金が必要になることもありますが、1年たってから申し込みすると審査に通る可能性が高いです。審査では勤務年数が長いほうが審査で有利になるといいましたが、申し込みをするときにウソを入力するのはやめましょう。逆に審査で不利になってしまうことも少なくないので、申込みする時の項目は正確に入力しましょう。

キャッシングの審査では勤務年数も関係しており、1年働いてから申し込みすると審査に通る可能性も高くなってきます。審査に通るかは申込みしてみないとわからないのですが、借り入れできるのか確認したいなら仮審査を受けてみるといいですよ。

派遣でキャッシングの審査に通るための在籍年数とは

カードローンは便利です。カードさえあれば、提携ATMなどから借り入れができるのです。派遣社員でもキャッシングをしたいときはあるでしょう。キャッシングをするにはまず審査に通らなければなりません。勤め先、勤続年数、収入、年齢など、様々な条件をクリアして始めてキャッシングを利用できるのです。(参考ページはこちら→カードローンにてクリアするべき条件

原則的に50万円までの借り入れの場合、収入証明の提出は必要ありません。しかし、借りたお金は利息を添えて返す必要があるので、返済能力のある人にしかお金は貸せません。つまり、返済能力が低いとみなされた場合、50万円までの借り入れでも収入証明の提出を求められる場合があるのです。

派遣社員の場合、大元の派遣会社に登録はしているけれど、実際には働いていない登録のみのケースもあります。それでは安定継続した収入がないとみなされ、借り入れができない場合があります。そこで行われるのが在籍確認です。実際に働いているかどうかを確認するために、勤め先に確認の電話を入れるのです。その際は、個人名や保険の外交員を装ってくれるので、会社に借金がバレることはないので安心です。

具体的に、在籍年数が何年なら借りられるのか気になりますよね。金融機関によって異なりますが、だいたい1年以上在籍年数があれば問題ないようです。ただ、在籍年数は長くても、他の金融機関で多額の借り入れがあったり、過去に金融事故を起こしてまだその履歴が消えていないような場合は、審査に通らない可能性があります。

他の借り入れがあるなら、それをまず返すこと。そして過去の金融事故は5年から10年で消えるとも言われていますが、事故を起こした原因は何でしょうか。無計画な借り入れが原因なら、履歴が消えて、また借り入れができるようになったとしても、また同じような事故を起こしてしまう可能性がたかいのです。何かのテレビCMのキャッチフレーズにもありましたが、まさに「ご利用は計画的に」なのです。