ブラックでもキャッシングが可能なところはありますか

昔キャッシングを利用していて、返済事故を起こしています。たぶんブラックだと思うけど、やっぱりお金は借りられでしょうか。ブラックでも借りられるところってあるのですか?

キャッシングはブラックだと利用できません

一度ブラックに乗ってしまうとキャッシングは利用することはできません。消費者金融で返済事故を起こし、ブラックになった。この場合だと銀行では借りられるのではないか?と思いつくかもしれませんが、それもできないようになっています。キャッシングしてくれる業者は、銀行系や消費者金融、信販系があるとおもいますが一度ブラックになってしまうとどこからも借りられなくなってしまうのです。

ではブラックになったら、今後一切借入することができなく、借入はあきらめなければいけないのか?そんなことはなく、返済事故を起こした人のブラックリストは、5年くらいたつと消えるといわれています。(参考ページはこちら→一度ブラックになってもそのうち消えるもの

それまで待てば、またキャッシングすることができるようになります。ブラックの情報は、返済が遅れて載った場合や借りたお金をすべて返済しないと消えることはありません。またお金を借りたいのであれば、前に借りていたお金をまずはすべて返済するよう努力しましょう。

インターネットを使っていると、ブラックでも借りられる、といった金融会社の広告を見かけることもあるかと思います。中には正規の会社で安心して借りられることもあるのですが、悪徳の業者もまぎれていることもあります。利用する場合は、ネットなどを使って詳細をよく調べて、安全だとわかったら利用するようにしないと詐欺にあってしまう可能性もあります。

ブラックでも可能なキャッシングが知りたい

金融事故を起こしてブラック入りしてしまった、でもやむにやまれずキャッシングしたいという時もあるでしょう。ブラックでもキャッシングは可能なのでしょうか。

その前に、そもそもブラックとは何かを理解しておきましょう。よくブラックリストと言いますが、実はそんなリストは存在しないのです。金融事故を起こすと信用情報機関に履歴が残ってしまいます。そのため融資を受けにくくなってしまうのです。

その個人情報機関は、全国銀行個人情報センター、CIC、JICCとあって、それぞれの期間でそういった金融事故を共有しているのですが、その情報は永遠に消えないわけではありません。ある一定の期間を過ぎれば抹消するのです。

全国銀行個人情報センターでは延滞・代位弁済・債務整理などは契約終了日から5年、自己破産は決定日から10年、CICでは延滞は延滞解消日から5年、代位弁済・自己破産・債務整理などは契約終了日から5年、JICCでは延滞は延滞解消日から1年、自己破産・債務整理・強制解約は発生日から5年とそれぞれ決められているのです。このように何らかの形で債務を処理したなら、長くても10年経てばその記録は抹消されるのです。

ただ、金融事故を起こした企業でまたキャッシングをすることは難しいようです。何らかの形で処理はできたとしても、融資をしたらまた同じように金融事故になるかもしれないと思われるからです。
(⇒金融業者はたくさんあるのでそちらから選ぼう

その場合は、他の金融機関に審査を申し込むといいでしょう。事故情報が消えていれば、審査に通るかもしれません。しかし、また前回と同じように、延滞をしたり返済が滞ったりして、金融事故を起こすと借りられなくなってしまいます。キャッシングはお金がないとき、カード一つで借りられる、非常に便利な金融商品ですが、あくまで自分のお金ではなく借金です。期日までに利息を添えてきちんと返さなければなりません。それを頭に入れて計画的に利用をすることです。
(⇒特に利息には念頭を置いて返済していこう