失業しているときはキャッシングできないのか知りたい

失業中のキャッシングについて質問します。失業している人がお金を借りることは可能なのですか?キャッシングには、安定した収入が必要と聞くのでやはり収入がないと借りられないのでしょうか。

失業中だとキャッシングすることはできません

キャッシングでお金を借りるには、安定した収入があることが条件で満たしていないと審査を行ってもらうこともできないかもしれません。失業していると仕事がない、収入がないわけですからもちろんお金を借りることはできません。申し込み自体はできるのですが、審査に通ることはできず、お金を借りることはできないでしょう。キャッシングでお金を借りたいなら、少なくてもいいので毎月安定した収入を得ている必要があります。最近の業者では、アルバイトやパートの人にもお金を貸してくれる業者も増えてきています。

失業中でもアルバイトなどならすぐに始めることもできると思うので、どうしてもお金が必要ならアルバイトを始めてみるといいですよ。キャッシングでお金を借りる条件に収入が最低どれくらい必要なのか、細かく決まっているわけではないので収入が少なくてもお金を借りることができるわけです。

アルバイトやパートOKのところに申し込むときには注意することもあります。まだ仕事を始めたばかりだと審査に通らないこともあるのである程度、日がたったら申し込みをするといいですよ。始めたばかりでも審査に通る可能性はありますが、日がたってから申し込みをしたほうが審査に通る確率も高くなります。キャッシングでお金を借りるならやはり一回で審査に通りたいところです。

消費者金融や銀行系などでお金を借りるときはまずは仮審査を受けてみるといいですよ。この審査に落ちてしまうと、申し込みをしても貸してもらうことは難しいので申し込みをするのはやめておきましょう。キャッシングは失業中では利用することはできませんが、アルバイトなどでもいいので収入があるとお金を借りることができます。

失業すると属性が下がるのでキャッシング申し込みには不利

キャッシング会社に申し込み手続きをすると、誰でも自動的に審査を受けることになります。そして審査に通った人だけが、実際に借り入れをすることができるのです。その審査で大きく物を言うのが、申し込む人の属性です。属性とは、一言で言うと、その人の返済能力や信用力に関係する個人情報のことです。(参考ページはこちら→融資審査で大事な情報とは

たとえば、給料が少ない人よりも高給取りの人のほうが属性は高いと評価されますし、中小零細企業に勤務する人よりも大企業に勤務する人のほうが属性は高くなるのです。この理屈で言うと、もしも失業でもしてしまえば、当然、属性は一気に下がってしまうことになります。そして属性が下がれば、その分、確実に審査には不利になってしまいます。
(⇒そもそも仕事をしていないと融資は受けられません

ところで、勤務先の会社の倒産やリストラなどで失業してしまうと、お金に困ってキャッシングを利用するケースも出てきます。借り入れで一時的に金欠を凌ぐのは悪いことではありません。しかし、失業中は収入が不安定なので、より慎重に、より計画的に借り入れをしなければなりません。もしも審査に落ちて借り入れができないという事態に陥ってしまったとしても、それも受け入れるしかありません。そんな時、苦し紛れにヤミ金などに手を出してしまうようなことは、絶対に慎まなければなりません。

また、たとえ失業給付金が支給されているとしても、基本的には一日も早く再就職を決めるべきです。順調に再就職が決まりさえすれば定収が得られますので、以前のように安心して借り入れができるようになります。しかし、もしも再就職がなかなかできない事態ともなれば、安易な借り入れはしてはなりません。それは自分にとってもキャッシング会社にとっても、マイナスにしかならない可能性が高いものです。

とにかくキャッシングは借金なのですから、安全で確実な返済こそは最重要と考えなければなりません。お金を借りるのは、その安全性と確実性において確かな見通しがある時にのみ実行するのが常識です。返せる当てのない借金など、言語道断です。
(⇒返済が出来ないと後々自分が困ります