ブラックリストに載っていてもキャッシングで借りることは可能?

キャッシングを利用しようと考え、申し込んだのですが契約することができませんでした。いくつか申し込んだのですが、どこも結果は同じ。ブラックリストに載っていると、借りられないと聞きますが、自分もそれなのでしょうか。ブラックリストに載っていても借入することはできるのでしょうか。

ブラックリストに載っていると借入はできません

ブラックリストというリストはないようですが、過去の返済事故などを記録したものがそう呼ばれています。これにあなたの情報が載ってしまうとキャッシングができなくなります。このブラックリストに載ってしまうと、情報がリストから消えるまでは借入することがほとんどできません。ほとんどというのは、中小企業の消費者金融なら借りられる可能性があるからです。(参考ページはこちら→借入先によって何が違ってくるの?

以前はブラックの人にも貸してくれるところも多くあったようですが、現在はその数も少なくなっています。ブラックリストの情報は5年ほどで消えるといわれています。消えるまでお金の借り入れを我慢できないなら中小企業の消費者金融を利用するといいでしょう。確実に借りられるわけではないし、悪徳の業者も存在するので利用する場合は注意が必要になってきます。

あなたはいくつかのキャッシングに申し込んだけど契約できなかった、とのことですが過去にブラックリストに載るようなことを起こしたのでしょうか。起こしていないなら申込みブラックになっているか自分の属性に問題あるのだと考えられます。契約できなかった時の問題点を改善していないと何度申込みしてもキャッシングでの結果は変わりませんよ。もう一度あなたの属性を確認してみて問題がなくなったらもう一度申し込みを行ってみましょう。

キャッシング会社のホームページで仮審査を受けることもできるので、申し込みをする前に自分が借り入れできるのか、確認しておくといいですよ。
(⇒融資審査に通るかどうかは何で決まる?

ブラックリストに掲載、キャッシングでお金を借りる事が可能か?

インターネットの中ではブラックリストに掲載された人でもキャッシングを利用してお金を借りることが出来ると言う情報が有ります。(参考ページはこちら→ブラックでもOKと言われる融資について

仮に、これが真実の情報だとしても、お金を貸す側が果たしてお金を貸す側の信頼性を考慮せずにお金を貸し付けを行って不安が無いのかです。

ブラックリストと言うのは、信用情報機関が管理を行っている個人信用情報に、自己破産や延滞などの金融の中での事故の情報が記録されている事を意味しており、ブラックリストと呼ばれるリストが有るわけではありません。(参考ページはこちら→ブラックリストの基準

この個人信用情報には個人を特定する、氏名、住所、電話番号、勤務先などの基本的な情報の他にも、キャッシングの申込みを行った履歴、借金の額や借金の件数などの情報も記録されており、個人信用情報を照会する事で、申込者が信頼出来る人物であるのかどうかを判断する材料として利用しているのです。

また、ブラックリストとも呼ばれている自己破産、延滞というのはお金を貸す側にとってはあまり良い事ではありません。

まず、自己破産というのは返済能力が無いと裁判所で判定が行われた場合に、全ての債務が免責となるものであり、債務不履行にならない限り自己破産は確定するのが特徴なのです。

即ち、自己破産をした人というのはキャッシングを利用したとしても返済能力がゼロと言う判断が下されることになるわけです。

一方、延滞は返済能力に関係なく数か月間の間返済をせずに放置をしている事を意味しており、キャッシングを利用した場合などでは、再び同じことを繰り返す可能性が有ると言う判断が下されてしまいます。

それ故に、ブラックと言う状態ではお金を借りることが出来ないのです。

尚、世の中には悪徳な金融業者も有ります。

このような悪徳金融業者は、お金を貸し付けて返済を強要するのが特徴であり、合法での金融業者の場合は申込みをする人の信頼性や返済能力と言ったことを重要視しますので、ブラックリストに掲載されている状態ではお金を借りることは出来ないのです。