キャッシングの限度額は年収や自動車ローンなどによって決まる?

キャッシングの限度額は、自動車のローンを組んでいるとどうなるのですか?また限度額は年収によって金額が決まるのか。私は自動車ローンを組んでいるので、ほかでキャッシングした時の限度額がどうになるのか気になります。

キャッシングの限度額は会社が決める

キャッシングで借りる金額は最終的にはお金を貸してくれる会社が決めます。希望額を入力できるところもありますが、必ずその金額で限度額が設定されるわけではないのです。自動車ローンを組んでいる場合だと、限度額が低く設定されることや審査に影響がでることもあります。必ず借りられないというわけではなく、返済ができる、と判断されればキャッシングすることができるのです。

キャッシングは消費者金融や銀行系のローンを使って行うことができます。消費者金融で借りる場合は規制がかかり、限度額にあなたの年収がかかわってきます。低いから借りられないというわけではなく、年収の3分の1しか借りられない。という規制がかかります。年収のちょうど3分の1を借りられるというわけではなく、それよりも低く設定されてしまうこともあります。(参考ページはこちら→総量規制を回避するには

キャッシングでの限度額は、あなたの属性や他からの借り入れによっても変わってくるので低くても文句を言うこともできません。限度額は後で増やしてもらうこともできるので、増やせるまではきちんと利用するようにしましょう。キャッシングだけでなく、お金を借りる場合は、現在の返済が終わるまでは新たな借入しないほうがいいです。

返済が終われば、カード解約しておけば新たに申し込みを行っても審査で影響も少ないし、大きい金額の限度額に期待することもできます。ほかのローンを組んでいると限度額や審査に影響はありますが、キャッシングすること自体は可能です。

年収に対してのキャッシング限度額、自動車ローン契約等について

貸金業法改正に伴い、年収の3分の1までしか借入れを行うことが出来ない総量規制というものがあります。600万円の収入なら200万円、300万円の収入なら100万円までしか借入れを行うことは出来ませんと言うものです。

しかし、この法律には抜け穴というかあくまでも悪質な業者からの借り入れを規制すると言う意味合いも強いことから、総量規制の適用を受けるのは、貸金業法という法律が適用される貸金業者のみですので、金融機関(○○銀行)のカードローンであれば3分の1以上の借り入れがあっても、追加の借り入れ(キャッシング)を行うことが出来るため、多めに限度額を持ちたいという方は金融機関のカードローンをお勧めします。よくキャンペーンが行われている、おまとめローン、一本化ローン等がこの類であると判断してください。
(⇒総量規制対象外も銀行カードローンの利点

また、自動車ローンもキャッシング枠内に含まれるのかとの疑問を持つ方も多いですが、もちろん、自動車ローンも借入れ枠内に含まれます。しかし、自動車については特に地方では必要不可欠の必需品としての扱いもあり、審査に対しては若干ながら寛容であるとの動きがあります。事実、前述の総量規制においては、自動車購入時に当該自動車を担保として借入れを行った場合は、総量規制の残高から除外されます。

ただし、収入に全く見合わない高級車の保有等(年間収入の5倍以上のベンツを保有など)は考慮されるべき案件であるとは言えません。あくまで一般論としてお考えください。

その他、総量規制に対象を超えても借入れ(貸付)が可能な場合はとして、緊急の医療費としての貸付や個人事業主に対しての貸付も総量規制の対象外となります。(参考ページはこちら→職業によって融資の対応も異なる

前述のようなおまとめローン、一本化ローンについては、大手都市銀行や地方銀行、第2地方銀行が取り扱っていますので、簡単に言えば日本全国、どこに居住していようが、審査さえ合格することが出来れば、その対応を受けることが可能です。(参考ページはこちら→審査に通過する為に必要な事とは