即日利用できて無職の学生が可能なキャッシングは存在する?

学生だけどお金に困っています。キャッシングでお金を借りたいけど、すぐに貸してくれるところはあるのか。学生で無職、即日で貸してくれるところがあるなら教えてほしい。(参考ページはこちら→即日融資を受ける為に必要な事とは?

キャッシングの多くは安定した収入が必要

キャッシングするときは、借りたお金を返済するための安定した収入が必要です。学生限定のローンもありますが、専用のローンでも収入が必要条件になってきます。学生で無職、即日で借りるとなるとかなり難しいでしょう。まだ学生ならキャッシングするよりも親に借りるほうがいいですよ。親に相談して貸してもらうことはできないのでしょうか。
(⇒無職は返済できないから借りられないのも仕方ない?

親に借りられなくて、キャッシングするならアルバイトを始めましょう。最近の消費者金融といった業者さんは正規の職員でない人にも貸してくれます。アルバイトを始めたばかりだと審査が厳しいかもしれませんが、申し込みを行った日に貸してもらうことも可能です。その日に借りたいなら申し込みはできれば午前中に行いたいところ。最近ではスマートフォンから申し込みも可能なので、利用すれば学校に行っている時も申し込みができます。

消費者金融の申し込み条件なのですが、大体が年齢20歳以上となっています。親の同意があれば借りられるところもありますが、20歳を超えていないとキャッシングは難しいでしょう。その場合は学生ローンを利用するといいですよ。高校生では借りられませんが、18歳以上の大学生や専門学校にいっている人。アルバイトで収入があれば借りることができます。

学生でお金を借りたいなら収入を得るためにまずはアルバイトを始めましょう。若いうちからのキャッシングはあまりいいことではありませんが、後で必要な時もくるかもしれないので作っておくのもよいでしょう。

無職の学生が可能なキャッシングはあるの?

学生がキャッシングをするのは無理、という話をよく耳にします。では、無職の学生が可能なキャッシングははたしてあるのかというと、結論を言えばあります。驚くかもしれませんが、学生でも、いくつかのハードルを越えればちゃんとキャッシングできるのです。

学生に立ちはだかるキャッシングをするにあたっての大きなハードルは二つあります。まず一つ目は、年齢です。キャッシングは、契約行為に当たりますが、契約行為とは、民法によって成年にのみ行うことができるとされています。従って、10代の学生のうちは、親権者(保護者、保証人)の同意を得ずに契約行為、つまりキャッシングを行うことができません。
(⇒融資にはほぼ必ず年齢制限があります

もう一つのハードルは、無職であるということです。もちろん、学生の本業は学業です。勉強をしながら、就職して定期的な一定量以上の収入を得るということは難しいでしょう。
(⇒ちゃんとした仕事をしていないと融資を受けるのは不可能?

では、これらのハードルがあっても、本当にキャッシングが可能になるのでしょうか。実は、これらのハードルは乗り越えることができるのです。まず、年齢による制限です。こちらは、二通りの解決策があります。最も簡単なのは、親権者(保護者)の同意を得ることです。保護者の同意のもとであれば、キャッシングを行う契約を結ぶことが可能です。次に、結婚してしまうことです。民法によって、婚姻したものは20歳未満であっても成年とみなすこととされています。結婚していれば、20歳に達していなくてもキャッシングすることが可能です。

次に、無職であるというハードルです。しかし、実際はこのハードルはそんなに高いハードルではありません。学生という身分であっても、アルバイトで一定の収入が得られていたり、親からの仕送りが安定して入るのであれば、返済能力があるとして、キャッシング可能な場合があります。もちろん、すべての金融機関で審査が通るとは限りませんが、複数の金融機関を当たれば、いくつかは審査が通るでしょう。