キャッシングの審査では免許証が必ず必要になる?

キャッシングの審査では運転免許証が必要だと聞きました。私は運転免許は持っていないのですが、キャッシングはあきらめたほうがよいのでしょうか。代用できる書類はありますか?
(⇒融資を受ける為に必要な条件とは

審査では本人確認書類が必要です

確かにキャッシングの審査では運転免許証が必要です。本人だと確認できる書類ならなんでもいいので運転免許証以外でもOKです。必要な書類はキャッシング会社のWEBサイトで確認することができます。必ず必要になってくるので、事前に確認して用意しておくようにしましょう。本人確認書類は運転免許証のほかにも、住民票や健康保険証といった書類でもOKです。住民票ならすぐに取れると思うので、キャッシングをあきらめなくてもOKです。
(⇒融資審査で必要とされている事を確認しよう

キャッシングの審査では本人を確認できる書類だけでなく、所得の証明ができる書類が必要になることもあります。これは借りる金額によっても変わってくるのですが、用意しておくとよいですよ。源泉徴収票や確定申告書などがあげられます。現在は、所得証明なしでも借りられるところも増えてきています。書類を用意するのが面倒なのであれば、書類が必要ないところを利用してみるとよいです。

ただ、キャッシングを行う際は情報をよく調べてその会社は悪徳ではないのか?安全なのを確かめてから利用するようにしましょう。WEB上にキャッシング会社のサイトがあり、そこで審査に必要な書類や条件などを確認することができます。貸金業者によってさまざまですので、必ず確認は行っておくようにしましょう。
(⇒金融業者はたくさんあるのでちゃんと調べておこう

キャッシングの証明書は免許証があればOK

キャッシングといっても様々な種類が存在しており、銀行系のカードローンから信販系、消費者金融系に至るまでそれぞれに特徴があるサービスを提供しています。それぞれの金融機関の特徴を挙げるならば、銀行系のカードローンは何よりも金利が低いことが最大のメリットとなるでしょう。まとまった金額をキャッシングするのであれば、銀行系のカードローンが大変お勧めです。(参考ページはこちら→低金利な融資をしっかり使いこなそう

また、総量規制の対象外となっていることも嬉しい限りです。総量規制とは、数年前に制定された法律で、年収の三分の一以上の借り入れを禁止するもので、これを破った場合は当然のことながら罰せられます。ところが銀行は対象外となっているために、年収の三分の一以上の借り入れがある方に対しても、お金を貸すことが可能なのです。ただし、それは銀行の審査を通ってからの話であり、銀行の審査は厳しいというのも事実です。ですので、銀行のカードローンを申し込むのであれば、一社だけでなく複数の銀行へ申し込みをすることをお勧めします。

次に信販系のカードローンの特徴ですが、クレジットカードに付随するサービスを提供することが多いです。ですので、初心者が周りの目を気にせず安心して利用することが可能です。金利や審査と厳しさに関しては、銀行系と消費者金融系の間ぐらいといった感じです。

最後に消費者金融系のカードローンですが、最大のメリットは審査の甘さと融資までのスピードです。自動契約機を利用すれば、免許証さえあれば簡単にローンカードの発行が出来ます。そして、審査に通れば即日融資してくれるところがほとんどなので、すぐにお金が必要だという際に大変便利です。スマートフォンから簡単に申し込み出来るところもあります。ネックになるのが金利が高いということですが、一週間の無利息キャンペーンなどのサービスを提供してくれるところもあり、上手に利用すればそれほど利子を取られる事なくキャッシングを利用する事が可能なのです。