派遣社員でもキャッシングの申し込みをすると在籍確認はある?

私はいま派遣社員として勤務していますが、キャッシングを利用しようと思います。ただ、申し込むと在籍確認が勤め先にあると聞きました。それは必ずあるものですか?なしにできますか?派遣先に電話なんてあったらマズイんです。これでは申し込みたくても申し込めません。
(⇒融資の在籍確認は必ずある?

基本的には派遣元に照合することになりますので事前相談を

派遣社員はいまとても多く、いろいろな業種で活躍されています。ですからキャッシングについても、利用者は増えています。これまでのように特殊は働き方ではなくなったからです。当然、キャッシングを提供している会社も、それに対応しています。また、ちゃんと対応してくれるところで申し込むべきでしょう。

利用可能な条件の中に、あえて「派遣社員」を具体的に記しているところを第一候補としてください。あいまいなところは、実績が少ない可能性がありますし、派遣社員の事情を考慮してくれないかもしれません。

在籍確認は、申し込みに記載された仕事にちゃんとついているのか、そもそもその会社は実在するのか、といったことが電話1本で確認できてしまう便利な方法です。このためキャッシングの申し込み段階で在籍確認をし、確認ができたら本審査へ、できなければ審査しないで戻すということになります。この点で、在籍確認はきわめて重要なポイントになります。

一方、利用する側からすれば、職場におかしな電話が入ることがとても恐ろしいですよね。「キャッシングに申し込んだことがバレるんじゃないか」とか「社内のほかの人になにか言うんじゃないか」と思ってしまう人もいるでしょう。

ですが、上記のような目的からすれば、当たり前ですが、キャッシングの話を本人以外にしても意味はなく、むしろムダなことです。お客様に不利益になるようなことをして、生き残るのは難しいわけですから、しっかり対応してくれます。

派遣社員の場合は、派遣元、つまり派遣会社の社員となって、派遣先つまりいま勤務されている職場へ派遣されます。この点で、在籍確認をどこでするのかということで、迷いが生じることはあると思います。

派遣社員の利用者が多いキャッシング会社なら、そこは簡単に対応できます。派遣元の派遣会社に連絡をして在籍を確認します。それで終わりです。本人が電話に出る必要もありません。ただしこの場合は、キャッシング会社の名を名乗ることが多いでしょう。そうしなければ、在籍の確認を派遣会社が応じるはずはないからです。

このように派遣元の場合はあなたがキャッシング会社に申し込んだことがわかります。でも、だからといってそれが問題になることはあり得ません。もしそれを問題にするようなら派遣会社としてどうかしていますから。個人の問題ですからね。安心していいでしょう。

心配なら、申し込み前にキャッシング会社に電話をしてきちんと話を聞き、どんな対応をするのか確認をしてみましょう。ネットだけですべて完結できる時代ですが、こういう場合は直接、話をすることが大切です。

派遣社員がキャッシングを利用する際の在籍確認

在籍確認とは主に職場へ電話で本人が本当に申し込みの際に申請した職場で働いているのかどうかをチェックする作業です。キャッシングの審査では安定した収入があるかどうかが最も重要視されます。安定した収入が信用情報機関の事故情報に登録されていない場合大半のキャッシングの審査は通るといっても過言ではありません。このため、安定した収入がない場合であっても審査に受かりたいがために虚位申告して安定した収入があるように見せかける人が後をたたないためにキャッシング業者では在籍確認とよばれる方法でこれに対処しています。(参考ページはこちら→融資審査でもかなり大事な在籍確認

派遣社員として働いている場合には二つの職場が存在します。派遣会社とよばれる派遣元の企業、そして実際に働いている派遣先の企業です。最近では派遣社員が非常に増えてきており、金融機関の申し込みでは正社員の他にも派遣社員やアルバイトの項目が存在します。この項目には派遣元はもちろん現在働いている派遣先のも記入することになります。在籍確認がどちらに行われるかは利用する金融機関によって異なります。
(⇒職業次第で融資を受けられるかどうか決まる?

このため、利用する際、もしくは利用する前の常態で担当者に在籍確認は派遣先にするのかそれとも派遣元なのか聞いておくことでしか分かりません。尚、正社員の場合において、会社でプライバシーの観点から個人が働いているかどうかは受け答えできないようになっている等の旨を伝えることで在籍確認を免除してもらい、社員証や間近の給与明細などを見せる等の代替措置でいい場合がありますが、派遣の場合には基本的に派遣元、派遣先二つの会社があるため、確認を免れるのは厳しいです。

なんらかの事情で派遣先か派遣元のどちらかには電話をしてほしくない理由があった場合にはあらかじめ担当者に相談することが重要です。尚、本人が申請した職場で働いていることを証明できない場合には審査に確実に通りません。このため、例えば派遣元に確認するようにお願いして派遣元で確認が取れない場合には問答無用で審査に落ちる場合があります。

【参考ページ】
派遣でも普通に融資を受ける方法とは