キャッシングできる金額は年収によって決まるのか

キャッシングの限度額は自分の年収によって変わってきますか?またどのくらい借りられるのか事前に知ることはできないのでしょうか。キャッシングを利用する前の知識として知っておきたいです。

限度額の金額は年収によって変わってきます

キャッシングの限度額はあなたが決めるのではなくお金を貸してくれる会社が決めるものです。あなたの年収によって変わってきますが、審査を行ってみないとどのくらい借りられるかわかりません。よく「最大この金額まで借りられるよ」といった広告を見かけるかもしれませんがそれは最大で、誰もがその金額を借りられるわけではないのです。ここは注意しておくようにしましょう。
(⇒借りられる額は審査で決定されます

限度額は最初は自分で希望額を入力することができます。ここで入力した金額を借りることもできますが、必ず希望した額を借りられるというわけではありません。あなたの年収と比べてみてキャッシング会社が審査を行い、返済が行える金額に設定してくれます。審査の結果、希望した限度額よりも増えていたり減っていたりすることもあるので覚えておきましょう。

限度額は後から増やしてもらったり、減らしてもらうこともできるので、設定された限度額についてあまり気にしないようにしましょう。消費者金融の場合は、あなたの年収の3分の1以上を借入れることはできません。借り入れのし過ぎで増額の審査に落ちてしまうこともあるのでどのくらい借りているのか確認しておきましょう。キャッシングは限度額までなら自由に使え便利なのですが、使いすぎには注意する必要があります。
(⇒消費者金融と銀行では融資ルールが違ってる?

あなたがキャッシングでどのくらい借りられるか審査を受けるまでわかりませんが、年収によって変わってくることも確かです。後で限度額を増やしてもらうことも可能なので、限度額がいくらになってもしっかりとした利用方法をとるようにしましょう。

キャッシングで利用できる金額は年収が影響するのか

キャッシングを利用する場合、その業態によっては貸金業法の総量規制の対象になり、年収の3分の1までの金額までしか借り入れができません。これは1社ごとではなく、貸金業者全体での借り入れ額の合計になることに注意が必要です。

貸金業法の適用対象となるものは信販系と消費者金融系の2つです。消費者金融系では、利用限度額を500万円としているような会社もありますが、総量規制があるため、ここまで利用するには年収が1500万円以上である必要があるため、実質的には一般人がここまで借り入れを行うのは難しいです。

また、借り入れの際に適用される金利には大きな幅がありますが、これは利用限度額が高くなることで引き下げられるものです。最小の金利は利用限度額が上限近くまでにならなければ適用されないため、このような低い金利を適用するのも難しいです。

銀行のキャッシングの場合、銀行法によって運営されているため、貸金業法の影響は受けません。そのため、年収の3分の1を超える借り入れを行えます。また、適用される金利について、幅があることや引き下げられる条件などは同じですが、最大の金利が低くなっているため、返済の負担が小さくなっています。ただし、審査も厳しく、時間がかかる傾向があります。

このような違いがあるため、金利を抑えたい場合や高額の借り入れを行いたい場合には銀行のキャッシングを利用すると良いです。しかし、審査に通らなければ意味がないため、急ぎで確実に借り入れを行いたい場合には信販系や消費者金融系を利用します。

銀行のキャッシングを利用する場合、「銀行系」と名乗っている業者には注意します。これは銀行ではなく、銀行が支援を行っている消費者金融なので総量規制の対象になります。銀行とは金利が異なるため気づきやすいですが、間違えて利用すると借り入れ額に年収による制限があるので注意します。なお、総量規制の対象になるというだけであり、悪徳業者ではないので危険性はありません。