ブラックでも審査が通るキャッシング会社はあるんですか?

ブラックでも審査が通るキャッシング会社の記事を時々見かけますが、内容を見て見ると実際に借りる事が出来ているみたいですが、やらせでしょうか?ブラックなのに本当に借りる事が出来るなんて事があるんですか?

ブラックの程度にもよりますからどちらとも言えません

ブラック情報は意外と多いんですが情報の数だけ多くてはっきりとした情報は意外とありません。それもそのはずでブラックリストもなければ、ブラックという定義もありません。あえて言うとお金を借りる事についての信用がない人という事です。このブラックほど曖昧な言葉はありません。仮に多くのカードローン会社はこういう人には金を貸さない。逆にこういう人には貸すというボーダーラインがあったとしても、それを公開する事はないでしょう。
(⇒ブラックリストの定義は曖昧?

なぜならカードローン会社同士の顧客獲得に大きく係わって来るからです。つまり会社毎にブラックという基準が違うという捉え方も出来ます。ただしこれは微妙な人の場合です。債務整理しているとか明らかに多重債務者の人の場合はどこの金融会社から見てもブラックと呼んでいいでしょう。
(⇒金融業者毎に違う判断

勿論、そう言う人は借りる事は不可能です。特に銀行や大手の消費者金融会社はまず貸さないですね。それに知名度の高い金融会社は審査が緩い、ブラックでも借りられるという情報が広まると、必ずしもありがたい情報ではありません。なぜなら会社としての信用を落とす事にもなるからです。ただし現実に中小規模の消費者金融会社の中にはブラックと言われる人にも融資をしているという確かな情報もあります。
(⇒やはり大手ほど融資審査は厳しい?

でもほとんど小口ですね。小口というのは3万、5万というレベルの融資の事です。あるいは会社によっては30万円まで小口と捉えている所もあるでしょう。いずれにしてもごく普通のカードローンの様に大きな利用限度額や増額はもちろんあり得ません。つまりごく一時的な柔軟性のある融資で、通常のカードローンの情報と一緒にするとややこしくなります。

つまり例外的な情報として捉えるべきです。ブラックでも普通のカードローンの様に借りられるというのとはまるで事情が違いますよという意味です。もし普通と同じように利用できるのなら会社の方の信頼性も疑わしくなってきます。基本的に銀行にアウトになって、大手の消費者金融会社数社の審査に落ちた人は、ブラックと思っていていいでしょうね。

そう言う人はまずキャッシングは出来ないです。でもそう言う人でも7年とか10年問題がなければ、借りる事が出来ます。だからブラックでも借りる事が出来たという情報の中にもいろいろと特別な事情がある場合もあるという事ですね。つまりそのまま鵜呑みにする必要がないという事です。

ブラックでも審査が通るキャッシング会社とは

銀行に関しては金利以外に法律から制限されることというのは大してありませんが、貸金業者が行うキャッシングには金利以外に総量規制の法律が科せられています。この法律によって、申込者の年収3分の1を超える貸し付けを貸金業者は行ってはならないということになっています。健全な経営を心がけている正規の貸金業者であれば、この法律を厳守しています。そのため取引件数に限らず年収の3分の1の範囲ギリギリまで現時点で借りている申込者には、貸付は行いません。もしそれを行えば、貸金業者側が刑事罰や行政処分を受けることになりかねないからです。
(⇒年収で融資額が制限されるのは仕方ない?

それ以外の「ブラック」に関しては、その貸金業者の審査方針や裁量に任されています。世の中では「過去に破産をしている」「債務整理を行った」「現時点で滞納している」といった事実が信用情報から分かれば、「ブラック」として借りにくくなるということは広く知られています。かといって法律が「そういう申込者には貸してはならない」と決めているわけではありません。
(⇒ブラックになる要因を知っておこう

「回収できる」と貸金業者側が判断すれば、貸付を行っても差し支えはないわけです。とは言え現時点で滞納している人に貸し付けて、回収できるとは判断できません。そのためそういうネガティブ情報を抱えていれば、どこも貸付は行わないでしょう。それでもなおかつ貸し付けるということであれば、「正規の貸金業者ではないのか」と考えられます。

「債務整理を行った」「破産をして免責を受けた」という人であれば、現在は問題なく返済できる可能性が高いと判断する貸金業者があります。これが一般的に「ブラックでも審査が通るキャッシング会社」です。大手ではなく、中小の貸金業者に広く見られる傾向ですが、現在の状態を重視した審査を行います。過去の債務事故の有無をネガティブ情報と捉える事が多い業者の中で特異な部類になりますが、法律に則った経営を行っていますので安心して利用できます。

ただし現在の状況についての審査は厳密ですので、自ずと必要書類が多くなったり、手続きが煩雑になります。初回の貸付金額が大きくないという特徴もあります。