未成年で社会人ですキャッシング可能なところがありますか?

19歳の会社員です。就職してちょうど一年たってようやく仕事にも慣れてきました。相談事というのはカードローンの事なんです。カードローンは満20歳にならないと利用できないらしいですが、あれほどたくさんあるのですから、少しぐらいあるかも知れないと思って相談しています。未成年でもキャッシング可能なところがありますか?

クレジットカードで18歳以上で利用出来るカードがあります

クレジットカードの中には18歳以上で申し込みの出来るカードがあります。未成年の方でカード持とうとすれば今のところはその方法しかありません。ただし高校生は不可です。入会金は初年度は無料で二年目から必要になるところと、ずっと無料の所、あるいは有料の所とまちまちです。またショッピング枠だけでキャッシングが出来ないカードもありますので注意して下さい。(参考ページはこちら→金融会社の対応はまちまち?

さらに18歳以上でも申し込み可になっているという事で親権者の同意が必要になるカードもあります。標準的なのは18歳以上で利用可能、ただし高校生は不可というカードが多いです。さらにキャッシング可能になっているカードでも親権者の同意については案内に記載されていなくても通常必要になると思われますから申し込む時に必要になるかどうかは確認しておく必要があります。

また安定した収入というのが、本人なのか親権者なのかもクレジットカード会社によって条件が違いますからそれも併せて申し込む時によく確認してください。そして銀行や大手消費者金融会社のカードローンですが、これについては未成年者で利用出来るカードローンはありません。口コミ情報の中にはし出来るという記事が有るかもしれませんが利用は出来ません。
(⇒審査の仕方は会社で違います

また学生の方の場合に親権者の同意があれば利用できるという情報もたまにあるようですが銀行や大手の消費者金融会社では貸し出しをしていません。もしそう言う情報があるのなら中小規模の消費者金融会社の場合で、手続き上の不備とか、たまたま未成年である事を見落としてくれて契約をした可能性があって、それが口コミ情報として掲載されている可能性もありますからいずれにしても正式には認められていないわけですから、それらの手続き上のやり方によって契約する方法はオススメ出来ません。

ですから未成年者の方でカードローンを利用されたい方はクレジットカードの中で申し込みの条件の対象年齢が18歳以上になっているカードを探せばいいでしょう。20歳になれば銀行でも消費者金融会社でもどういう種類のカードローンでも申込む事が出来ますから、専用のカードローンをご希望の場合は、もうしばらく待って頂く必要があります。未成年でも就職して働いていて安定した収入があるわけですからクレジットカードなら利用できますのでそちらの方のご利用をご検討ください。

社会人はもちろん未成年でもキャッシング可能なところ

借金に関するトラブルが増加しており、借金する方の計画性と選択性が要求されるようになっているこのごろですが、そのようなトラブルに巻き込まれているのは、社会人だけではありません。未成年者もこのようなトラブルの被害者になっているのです。

主な原因は、未成年であるにもかかわらず、保護者に内緒で融資を受けた結果、返済不能になって滞納していると、いつの間にか利息や延滞損害金などで元金が膨れ上がってしまい、保護者に連絡が行ってしまったときには、大変なことになってしまっている、というケースです。金融機関に関しての知識が薄い状態で利用してしまったことによって、結果的には大きな損失を被ってしまう可能性もあります。
(⇒返済できるかどうか利息の計算はしっかりしておこう

ですから、融資を受ける場合は、未成年者は特に注意して利用する必要があります。最近では、保護者に内緒で利用するお客様が増加していますが、その多くの場合が、保護者に知られてはまずいようなグッズを購入したりする資金になっているようです。その商品の購入事態に違法性はありませんが、やはり、自分の金銭で管理できないのであれば、あきらめたほうが無難なのかもしれません。

しかし、それでもどうしてもそのときに融資して欲しいが、保護者には心配も掛けたくないので、可能な限り内密にしておきたい、というような場合には、情報を必要最低限提供するだけで利用できるような金融機関があります。最低限度の情報でキャッシング可能なところは、たいていの場合には、銀行ではなく消費者金融業者です。多くの客を集めたいというわけですから、学生であろうと関係ありません。

基本的には、学生の場合には収入も無いでしょうから、審査の内容は奨学金やバイトの収入を今後絶てていけるか、ということに依存してきます。利息も格安になっているケースが多いので、比較的安心して利用することができるのですが、その代わり、返済不能になったとしても、その学生を助けてくれる方はいません。その辺は、本当の自己責任で利用することになります。尤も、どうしても必要なら、親に嘘をついてでも、頭を下げるほうが安心なのですが。