銀行のキャッシング審査で信用情報はどれくらい影響しますか

銀行のカードローンを利用しようと思っています。その為のキャッシングの審査でいろいろ調べられると思うんですけど、個人の借金とか過去のカードローンの信用情報なんかも調べられると聞きましたが、その時の信用情報って審査結果にどれくらい影響しますか?

信用情報はカードローンの審査に決定的に影響します

信用情報はカードローンの審査でとても重要な項目です。そして審査結果に決定的に影響します。カードローンを提供しているのは、なにも銀行だけではありません。銀行と資本を共有している銀行系カードローン会社や信販会社、そしてサラ金業者と言われていた消費者金融会社がカードローンを提供しています。そしてどの金融会社も、個人で申し込んで来たお客の状態を審査します。

特に審査されるのは返済能力を調べられます。その為に審査される項目は年齢、会社の業種、雇用形態、勤続年数、年収などです。これらの情報は個人情報ですが、外側から簡単に解るものもあります。また仮審査で本人申告によって概要を確認する場合もあります。でも実際の審査は本人の自己申告だけでは合格できません。
(⇒融資審査で重要な事は大体決まっている?

本人申告の内容が正しいかどうかを確認するために在籍確認で会社に実際に籍があるかどうかも審査されます。そして返済実績を判断する決め手になるのが信用情報です。返済能力には返済に対する責任感があるかどうか、つまり個人的な信用度も含まれます。そしてその返済能力を裏づける実績があるかどうか信用情報を照会して調べるのです。

特に参考にされるのが、過去・現在までのカードローンの利用状況です。一番信用情報としていいのはカードローンを利用していない事ではなくて、利用していてきちんと返済を続けて完済をしている人です。つまり返済実績が良好な人ですね。そう言う人が信用情報としては、いい状態です。当然審査にはとても有利です。逆にカードローンを何社からも借りて返済中の人は審査に不利になります。

これは他の借金も返さないといけませんから物理的に返済能力が落ちるからです。借りている会社が多ければ多いほど審査に不利である事は言うまでもありません。さらに審査に不利になるのがカードローンの返済遅延などをしている人で借金と同様に、回数が多ければ多いほど、遅延している期間が長ければ長いほど審査に不利です。

もっと悪くなると、過去に延滞などしてカードローンの利用停止になっていたり、強制解約になったという情報がある人です。こういう人はまず審査に通りません。また破産申告などの債務整理している人も、まず審査に通り事はありません。ただし、これらの信用情報に記録される情報にも事項という物があります。

その内容によって保存期間が違いますが7年あるいは10年で履歴が抹消されます。勿論、その間に新たな問題があれば抹消されるかどうかは解りません。いずれにしても信用情報が審査に与える影響はとても大きいものがあります。

銀行からのキャッシングと信用程度についてご説明します

近年、「闇金」と呼ばれる多重債務者に対して法定限度を超える超高金利で貸し付けを行い、支払が少しでも滞れば、暴力、高圧的な態度による厳しい取り立てを行う貸金業者が社会問題化しました。このような経緯もあったことから、貸金業法と言う法律の改正が行われ、資金需要者等(お金を借りたい人)の利益の保護を目的に、貸金業者(クレジットカード会社、信販会社、消費者金融等々)が、資金需要者等の年収の3分の1を超える貸し付けをすることを原則禁止する措置が講じられました。この措置を「総量規制」と呼びます。

原則禁止と書きましたが、例えば個人事業主(鈴木商店の鈴木社長)が、運転資金(会社存続に必要な資金)として借入れを行う場合は除外されます。(参考ページはこちら→融資は職業により借り入れルールが違う?

本題に戻りますが、なぜこの「総量規制」の説明を行ったかと言えば、銀行からのキャッシングについてはこの「総量規制」の対象とならないからです。

大きい意味で銀行と書きましたが、細かく言えば、各銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、各農協などがこの「総量規制」の対象外となります。年収の3分の1と言う規制は無く、キャッシング限度額が小さくなりがちな規制対象が不安、いざという時の為に多めに限度額を持ちたいという人は金融機関でのキャッシングがお薦めです。
(⇒どんな金融業者を選ぶか良く考えよう

次に銀行でのキャッシングのメリット、デメリットをお話します。

デメリットとしては、大手消費者金融等の融資スピード(即日融資や翌日融資等)には対応は出来ず、あきらかに負けています。また、大手消費者金融等では、全国における多店舗展開のメリットから利便性は格段に高いと言えます。

ただ、銀行のキャッシングは大手金融機関や地域密着型の金融機関など、社会的な信用度は他社と比べものにならないレベルです。

また、消費者金融等を比較しても若干金利が低いほか、貸付限度額も高いのが特徴であり、特に多く借りる場合は金利も低く抑えられうまく利用することでとても有利に使えます。

安全で安心にお金を借りられる方法をたくさんあります。よく情報を見極めながら、上手にお金と付き合ってください。