キャッシングは一括払いした方が利子が安いんですよね

クレジットカードを使っていますがキャッシングの利子は一括払いとリボ払いがあります。一括返済の方が利子が安いですよね。でもキャッシングなら、クレジットのキャッシング枠よりカードローンの方が金利が安いと聞きましたがどうなんでしょうか?

利用限度額が高くなるほどカードローンの金利が有利になります

分割払いと一括返済は比較するまでもなく一括返済がお得です。それはカードローンの利子の計算が日割り計算だという事も大いに関係しているのです。クレジットカードの場合は一括返済と分割払いのどちらにするのかを利用する時に選べます。経済状態に合わせて余裕があるのなら一括返済してその度に完済した方が利子が安くつきます。(参考ページはこちら→狙えるなら狙いたい一括返済

でもクレジットカードのキャッシングの金利はカードローンの金利と比べると割高です。でもその理由は利用限度額にも理由があります。そもそもクレジットカードのキャッシング枠は平均的に見るとそんなに高い金額ではありません。中には大きな利用限度額のカードもありますが、普通は多くても50万円くらいです。ですからずっと使い続けていても金利が安くならないので結果的に割高になります。

これに比べるとカードローンの金利は最初はクレジットカードの金利とそう変わりませんが、半年、1年と利用を続けて行くと利用限度額を増額する事が出来ます。増額が認められると150万円、200万円と利用限度額が大きくなって行きます。そうなると貸付利率が下がって行きますから、クレジットカードとの金利の差が大きくなって行きます。だからクレジットカードでのキャッシングは臨時の出費の時だけという使い方がベストです。

数年にわたってキャッシングを続けるなら金利だけで考えるとカードローンの方がずっとお得になります。しかもカードローンは分割払いと言っても臨時返済はいつでも出来ます。いわゆる繰り上げ返済です。だから約定返済日どおり決まった日だけに返済するのではなく余裕がある時に、いつでも返済する事が出来ます。勿論、一括返済できるならその方法が一番利子が安いです。

ちなみにカードローンの残高を一括返済する場合は、返済日までの金利を含めた金額を入金する必要があります。一番いいのは入金日を指定してカードローン会社のコールセンターに問い合わせて完済金額を教えてもらう方法です。硬貨を使用出来て端数を入金できるATMの場合はその金額を入金すれば完済できます。

端数を入金出来ないATMの場合は、振り込みによる一括返済をすればいいです。なおその際は平日でも時間帯によっては翌営業日扱いになる場合がありますので、振込入金する時間帯に注意する必要があります。

キャッシングは一括払いの分利子が安くてお得

誰にでもどうしてもお金が足りない時があります。

そのような時に便利なのがキャッシングです。

カードローンは分割で長くにわたって返済をし続けるのが特徴です。

決まった額を返済し続けるので、資金計画が立てやすく、毎月の生活のクオリティをそれほど変えずに返済し続けられるのが魅力と言えるでしょう。

一方でキャッシングは基本的に借りた金額をよく月に一括払いで支払うのが特徴です。

実はこの一括払いでの返済がこの借り入れの魅力でもあります。

一括で返済してしまうと、ローンでコツコツ返済していくよりも利子が有利で、返済総額を引き下げることができるからです。(参考ページはこちら→融資の金利はちゃんと節約できます

借入というのは利子が同じなら、実は借入期間が長いほど返済総額が大きくなってしまうのです。

借り入れをする際はいかに返済総額を減らしていくかということに注目して返済計画を立てなくてはいけないので、一括返済で返済総額を減らすというのはとても有利な返済方法なのです。

またキャッシングはさまざまな消費者金融から借り入れをできますが、その利子はどの金融機関でもそれほど変わらないのが特徴です。

そのため、自分の利用しやすさで、借入先を決めることが必要になっています。

即日で借り入れができるものや、大口の借入が可能な消費者金融、アルバイトやパートでも借り入れが可能なサービスなどさまざまなサービスを各社が打ち出しています。

そのようなサービスの中から自分が求めるものを考えて、借入先を決めるのが良いでしょう。

初めて消費者金融を利用する方なら一定期間無利子で借り入れができるサービスを行っているところもあります。

こうしたサービスなら、キャッシングの流れが分かり、利用するための敷居も低いと言えるでしょう。

キャッシングは賢く使うことで生活のクオリティを引き上げることができる、大変有利なものなのです。

多くの消費者金融ができ、各社が競い合ってより良いサービスを提供するようになった今、多くの方が利用しています。