キャッシングの本人確認をする方法は免許証だけですか

22歳の会社員です。正社員ですけど残業手当もつかずに残業自体もほとんどありません。その為月収は低いです。それで独身でアパート住まいなので、カードローンを利用したいのですが、初めてでなにも解りません。ただ審査の時に本人確認書類で運転免許証があれば大丈夫という話を聞いたのですが、東京なので電車で通勤すれば事が足りると思っていたのでまだ運転免許証を取ってはいません。キャッシングの本人確認をする方法は、免許証だけなんでしょうか?(参考ページはこちら→融資で有効な身分証について

本人確認書類は運転免許証だけではありません

カードローンの審査の時には本人確認の為の書類が必要になります。いくつか種類があってその中でも運転免許証は一番基本的な物でどこのカードローンか支社でも本人確認書類として使えます。でも本人確認書類は運転免許証だけではなくて他にもいろいろ使える物があります。たとえば健康保険証が使えます。そしてパスポートなども代わりに使う事が出来ます。ただし運転免許証以外の書類はカードローン会社毎に違いますからある会社では使えても、別の会社では使えない場合がありますからご注意下さい。

だからそう言う事が無いように申し込もうとする会社が決まってから必要書類の確認をする必要があります。あるいは必要書類を確認しながら会社を決めてもいいでしょう。なぜならせっかく会社を決めたのに利用出来る書類のない会社だと、また会社を選び直さないと行けなくなるからです。さらに必要書類はもう一種類あります。それは収入証明書類です。でも借りる金額によっては最近は収入証明書類は必要でない所も増えて来ました。(参考ページはこちら→融資審査で収入証明が必須な場合

いずれにしても本人確認書類も収入証明書類も複数ありますから必ず利用出来る書類がありますからご安心ください。カードローン会社は沢山ありますから選ぶのも迷われると思いますが、まず選ぶ時のポイントは金利が第一になります。カードローンの金利は4%~15%という具合に必ず金利の幅があります。これは利用限度額によって金利が違うからです。利用限度額が高い場合は金利が安く、逆に利用限度額が低い場合は金利が高いです。そして最初に利用する場合は、利用限度額が低いですから金利が高いです。

だからカードローン会社を選ぶ時に金利を比較する時は、数字の大きい方を比べないといけません。小さい数字は最初は殆ど参考になりませんから惑わされないようにして下さい。最初は大きい数字を比較して金利が安い会社を選ぶようにして下さい。そして次は返済方法や、利用出来るATMなどの便利さも併せて選ぶ事が大切です。

そして順序が逆になりましたが最初に利用する場合はカードローン会社も良く解らないと思います。ですから出来るだけ信頼できる大手の会社を選ぶようにして下さい。インターネットで検索して一覧表示して画面に出てこないような小さい会社は敬遠した方がいいですね。銀行かあるいは大手の金融会社の中から探す事にしましょう。

消費者金融会社のキャッシングの本人確認の方法について

現在、様々な形でキャッシングについての情報を目にすることが多々あります。一昔前は、様々な消費者金融会社で法定金利は18.0%を超える28.0%程度での貸付を行い、いわゆるグレーゾーンでの営業をしていましたが、それがおかしいということで、18.0%を超える過払い分の利息を請求する過払い金請求の流れが起こり、多くの消費者金融会社は業績を落としました。

最近では、少しずつ業績も落ちつき、失った顧客を取り戻す為に各社がサービス合戦を行っている状態です。そこで、キャッシングを利用しようと考えておられる方々に、消費者金融会社との契約についてご紹介します。(参考ページはこちら→消費者金融にもかなりの数の業者があります

消費者金融会社には、銀行やクレジットカード会社など様々ありますが、大まかに契約方法は同じです。まずインターネットや店舗、無人契約機などで個人プロフィールや年収、他の金融機関からの借り入れの有無などを申請します。このとき、年収や借入額などを過少、過大に申請しないようにしましょう。申請した内容を基に審査を行いますが、金融会社の過去の実例と信用機関への問い合わせによる審査を行いますので、虚偽の内容があると審査結果に響いてきます。
(⇒融資審査はかなり細かなところまで見ているのです

ここで気になるのがキャッシングの本人確認かと思います。キャッシングを行う為には、審査の段階で申請したお勤め先に電話確認をする場合があります。契約をされる方には、会社の上司や同僚の方にキャッシングの契約の事を知られたくないという方も多いと思いますが、この場合の電話による在籍確認は、金融会社名ではなく担当者の個人名で申し込みの方を呼び出してもらう形をとりますので、会社の方に知られることはありませんし、電話時に会社にいなくても在籍していることが確認ができれば問題はありません。(参考ページはこちら→融資の在籍確認は怯える事はありません

審査を通過しますと、本契約を行い、カード発行、融資が可能になります。キャッシングは非常に便利なシステムですので、適度な利用と計画的な返済をお考えになった上で利用されることをおすすめします。