すべてのキャッシングは収入の3分の1規制に引っかかるのか?

収入の3分の1以上を貸してはいけないと法律にあるそうですね。これだけたくさんのローン、キャッシングの会社があって、本当にそんなこと可能なんでしょうか。だいたい「まとめローン」は3分の1を超えてしまいませんか? すべてのキャッシングがこれを守っているのでしょうか?

対象となっているのは貸金業だけ、銀行やノンバンクは別です

総量規制と呼ばれる決まりがあります。2010年6月から実施されました。財務局や都道府県に登録をしている貸金業を対象にしています。借り入れの残高が年収の3分の1を超えている人に対しては、新たに借り入れはダメというものです。

つまり、この規制の対象となっているのは貸金業だけ。銀行など他の金融機関は対象外です。そもそも、消費者金融の利用者が、多重債務を多数発生させ、自己破産件数が増加していったことを問題視した結果、生まれた規制なのです。(参考ページはこちら→金融業者で変わるルール

融資には審査がつきものですが、審査能力や、審査の基準はそれぞれに違いがあります。大手の銀行と、少人数で駅前でやっている貸金業が同じレベルで審査していると思う人はいないでしょう。(参考ページはこちら→結構な差がある融資審査の基準

この結果、借りた人がひとたび返済に苦しむようになると、そういう人に新たに貸す業者が現れて、より借金を増やしてしまう悪循環が発生しやすくなっていました。返済ができない人に貸すのですから、それだけの金利が得られないとやっていけません。このため法律を無視して法外な金利を請求する悪質な業者も増えました。(参考ページはこちら→適正な融資の金利について

お金の流れは経済の循環にとって重要なもの。人間の体でいえば血液の循環のようなものです。そこで、自己破産のような残っている財産をわけて、残りはあきらめるような大きな損失が起こると、小さい血管の破裂とはいえ徐々に経済全体を追い詰めていきます。

というわけで、実際になにが起きたかといえば、ご存じのように悪質な業者を減らすこと、高金利で貸し出した場合は過払い金返還が請求されて、貸金業としての経営そのものが継続できなくなるケースも出ました。

一方、銀行やノンバンクのように、貸金業とは違う金融業。さらに信金、信組、JA、労金のような団体も、この規制の対象ではありません。

つまり、法律的に考えれば、貸金業から年収の3分の1を借り、さらに銀行などから借り入れることが可能です。しかし、こうした金融機関の審査は、貸金業とは少し違うのです。貸金業は業績を高めるためには「お金をできるだけ貸す」しかありません。ですが、銀行やほかの金融業は、キャッシングはメニューの一つにすぎないので、「うちの条件に合わない人には貸さない」という態度が取れます。銀行は別の規制もあるので、適当な現場の判断で融資をすることは許されません。ほかの金融業でも監督官庁との関係があります。審査をきちんとする、という姿勢は同じでしょう。

一方、リスクマネジメントに強い会社は、積極的に「まとめローン」などを提案しています。独自の審査をしています。その場合は、年収の3分の1という限界にとらわれずに貸し出すこともあるのです。ただし必ずしも無担保、無保証人とは限りませんので、どういう条件になるか、よく話を聞いて考える必要はあります。

キャッシング審査。消費者金融の収入の3分の1規制とは

テレビでも雑誌でも、最近はキャッシングという文字を良く見かけます。銀行や消費者金融から発行されている商品の一つですね。

これまでのような住宅ローンとは違って、貸付の限度額の範囲内で、何度でも、いつでも借り入れができると言ったものです。上限額が100万円だったとすれば、一度に100万円借りることも可能ですし、50万円だけ借りることも可能です。仮に100万円の満額を借りたとしても、50万円返済したとすれば、まだ返済途中ではあっても、いつでもまた上限額まで借り入れることができます。

しかも、わざわざ金融機関の窓口に行く必要はありません。大体のコンビニATMで引き出しが可能です。また、返済も可能です。まるで銀行のキャッシュカードのような利便性です。(参考ページはこちら→多くのATMから融資は便利に使えます

さて、キャッシングとは一口に言っても、上記の通り銀行系と消費者金融系とがあります。契約さえしてしまえば、そんなに大きな違いを感じることはないのですが、契約の際の基準が大きく違うので注意が必要です。

消費者金融には、総量規制と言う法律があります。収入の3分の1規制などと呼ばれるものです。申し込み者の年収の3分の1までしか貸付ができない、と言った法律です。よって、無収入の人は、原則として申し込みができません。逆に年収が少しでもあれば、その3分の1までならば契約できる可能性があります。

それに対し、銀行には総量規制と言う法律はありません。どのような人に、いくら貸し付けるかは、銀行の自由です。よって、住宅ローンのように、年収の何倍ものお金を貸し付ける業務も行っているのです。

さて、そう聞くと消費者金融よりも銀行のほうが申し込み時点での審査は厳しいものと感じますが、実際にはそうでもありません。消費者金融は、この収入の3分の1規制を逆手にとって、アルバイト学生やパート主婦にも積極的に貸し付けを行っています。たとえ年収が30万円の人でも、10万円まで貸し付けが可能という理屈です。この理屈を背景に、キャッシングはずいぶん身近なものとなったのです。