ネットバンクのじぶん銀行のキャッシング審査は厳しいんですか?

25歳の男性会社員です。オンラインゲームで何度かプリベイトカードを使った事があって、その時にネットバンクを使った方がいちいちコンビニまで行かなくて済むのになと思った事があります。でもその時は、ネットバンクになじみが無かったので利用しませんでしたが、最近カードローンを利用してキャッシングしようかなと思ってネットバンクにちょっと関心を持っています。

じぶん銀行と言うネットバンクがありますが一般の銀行や消費者金融会社と比べてキャッシング審査は厳しいんですか?(参考ページはこちら→融資の審査基準は分かる?

金利から判断すると大手消費者金融会社程度のレベルです

じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資したネット銀行です。特徴は窓口のないネットバンクとして円定期預金、円仕組み預金、株式・投資信託、外資鋸筋、住宅ローン、クレジットカード、そしてカードローンとインターネットでの金融商品を幅広く提供しています。そして、そのカードローンの金利は年3.9%~年17.5%です。カードローン会社の審査の難易度は金利で判断するとそう大きな見込み違いはありません。(参考ページはこちら→金融業者毎の違いを先に見抜く

特に金利幅の大きい数字を見る必要があります。カードローン他社と比較して見ると、上限金利の17.5%は銀行系消費者金融会社のカードローンや大手消費者金融会社の金利の水準です。という事は大手消費者金融会社とほぼ同じ審査基準だと判断できます。銀行のカードローンの上限金利は14%~15%くらいでローカル銀行の中にはもっと低い金利の銀行もあります。純粋な銀行と比べると明らかに金利が少し高めですから審査基準が銀行より高いはずがありません。

共同出資している三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイック評判のいいカードローンですから、その水準と同じか、今注目を集め始めているネットバンクという特徴もあって銀行系消費者金融会社より借りやすいのではないかと判断しています。利用限度額も500万円と大きいですから借り換えやおまとめローンとしても使う事が出来ます。なによりこれからますます利用範囲が多様化して広がって行くインターネットバンクというのが大きな強みです。今後、目を見張るような斬新なサービスが加わるという期待感もあって大いに楽しみです。

またカードローン以外の金融商品も豊富にあるのがインターネットバンクならではの魅力です。1カ月ものレアル定期預金の中には年12%というような凄い商品もあります。さらに取引はパソコンの前で出来ますし、様々なインターネットの有料コンテンツ・ネットショッピングもパソコンの操作だけで出来ます。さらにインターネット以外でも全国約7万台のコンビニのATMがご利用になれますから24時間365日いつでも取引が可能です。またスマートフォンがあればじぶん銀行の全ての取引が手の中で出来てしまいます。

さらに、じぶん銀行のカードローンは借りる・返すだけでなく。貯める・増やす・買えるという多くの要素が盛り込まれています。従来のカードローンより一レベル進んだ次世代のカードローンになって行くと思われます。ともあれカードローンは銀行系消費者金融会社と大手消費者金融会社の水準です。

ネットバンクとしての知名度も高いですから安心してご利用になれます。インターネットのご利用が多い人ほど活用範囲が広がるのでこの機会にご利用を検討されてはいかがかと思います。

【参考ページ】
銀行から借り入れるなら知っておきたい事

じぶん銀行でのキャッシングの審査について

じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行がKDDIと共同出資したネット銀行でスマートフォンなどからの利用を中心としたネット銀行です。携帯電話の中にある自分の銀行という意味から命名されました。じぶん銀行は届出印が存在せず、任意の印章捺印で大丈夫です。また、捺印欄へのサインでよい場合もあります。

じぶん銀行とKDDIの提携カードとしてauじぶんカードがあり、三菱東京UFJカード・セゾンカード・トヨタファイナンス・ジェーシービーの4種類のクレジットカードがあります。急な出費で現金が必要になった場合にはじぶん銀行のキャッシュワンカードを使って三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、ローソンなどのにあるキャッシュコーナーからキャッシングが可能です。この場合、利用時間、利用回数にかかわらず利用手数料はかかりません。

このほか、自分名義の金融機関口座へ手数料無料で振り込んでもらうことも可能です。この場合、申込み当日、あるいはよく金融機関営業日までに振り込んでもらうことができます。返済についても、キャッシュワンカードを使って、コンビニエンスストアなどにある提携ATMで手数料無料で返済することが出来ます。

また、毎月指定日に返済金額を自動引き落としによって返済することも可能です。自動引落としの登録した後でも、毎月の引落日より前に提携ATMで追加で返済することも可能です。

また、じぶん銀行名義の口座への振込によって返済することも可能です。キャッシングの実質年率は5~17.5%で、融資金額は10万円から500万円以内です。なお、融資額は学生は10万円、主婦は30万以内となります。融資が100万円未満の場合には運転免許証、健康保険証、パスポート(日本国政府発行のものに限る)、外国人登録証明書のいずれかが必要になります。融資実行までの日数が極めて短いのが特徴です。(参考ページはこちら→その日にでもお金って借りられるの?

また、過去5年間の審査結果(81人)を調査した結果では、年収240万円の人が4人、勤続1-2年の人が18人審査に通っており、年収が少なかったり、勤続年数がまだ短くても比較的審査に通りやすい傾向があります。
(⇒普通は年収が少ないとなかなか借りられない?