キャッシングの収入証明書不要なら年収を書く意味があるの?

22歳の独身のOLです。この間パソコンであるカード会社のお試し診断をやりました。それは生年月日と年収と保険の種類で他社からの借り入れという簡単な物でした。するとすぐにお借り入れ可能という診断結果が出ました。

まだその時は本気でカードローンを利用するつもりはなかったのです。でも本審査の案内を見ていたらキャッシングの利用額が100万円を超えない場合は、収入証明書不要と書いてありました。でも、それなら登録する時にわざわざ年収を書く意味があるのでしょうか、ウソを書いても解らないですよね?(参考ページはこちら→融資審査で嘘をつくとどうなる?

信用取引ですからウソはいけません!正直に書くのが常識ですね

カードローンは無担保の信用取引ですから正直に申告する意味は大きいです。ウソを書いても解らないのではという疑問が湧くかも知れませんが、ウソを書いても無駄だという事に気がついてください。カードローン会社にしてもウソを書かれる可能性が大きいのでしたら収入証明書は不用にしないはずです。それでも必要ないというのはいつでも詳しく調べる事が出来るし推定できるからです。職業の業種、雇用形態、年齢、勤続年数で月収・年収は割り出す事が出来ます。

しかもカードローンの案内に大抵あると思いますが審査の状況によっては収入の証明書を提出が必要になる場合があります。という事を書いてあるはずです。これはカードローン会社が、いつでも任意に収入を証明する書類の提出を求める事が出来ると言う意味です。この時点でウソを書くとどれほどリスクがあるのかお解りになるはずです。要はカードローン会社が調べる気になれば年収は必ずバレルというものです。
(⇒融資において年収は欠かせません

これはあくまで推測ですが、年収450万円の人が460万円だと申告してもおそらくカードローン会社によっては見て見ぬふりをしてくれるかも知れません。ちょっとした勘違いかもわかりません。月収にすれば1回のベースアップの差です。でも450万円の人が550万円と申し出たなら明らかにおかしいですよね、給料がそんなに急に上がる事はあり得ません。審査の状況によっては収入証明書の提出が必要になる場合がありますとはそう言う意味です。

もし契約者ご本人が申告した年収と、実際の年収が違っていてそれが許される程度の違いなら給料があがったんだろうと判断してくれますが、本人申告と大きく違っていて調べられたらウソの申告だとばれます。その時点で増額はして貰えないでしょうね。最悪の場合審査に通りません。逆に本人申告の年収が実際の申告と同じなら信用度は必ずアップします。うそを書く事が可能なのに正直書いているからです。どちらにメリットがあるかは説明するまでもありません。第一契約者の年収は税務署などの機関は知っています。

貴方の年収は公的機関の一部では正確に解っています。個人情報保護法があるのでむやみやたらに公開されないだけです。良好な取引実績を積み重ねれれば利用限度額が上がる事でも解るように、信用取引において信用度が高くなるという事は有利になるのです。結果的にお得になるシステムです。それなのにウソを書いてわざわざリスクを作り出す必要はどこにもありません。つまり正直に申告した方がお得なんです。

収入証明書不要のキャッシングは可能なのか

どうしても急な出費でお金の都合がつかない時があります。そんな時にに立つのがキャッシングです。キャッシングは申し込みをして、契約書に基づいて審査をすることで、まとまった金額を貸し付けてもらえます。ですから、急な場合でも安心です。

でも、気になるのが審査の内容です。いくらまとまった金額が必要であるとは言え、面倒だったり、周りにばれてしまう心配があると利用するのも難しくなってしまいます。特に、審査をするために用意するものが、揃えるのに手間がかかってしまうと、面倒に感じます。(参考ページはこちら→融資審査を受けるなら知っておきたい基本的な事

申し込み用紙に記入したり、ネットで入力することは審査の基本ですので仕方がないです。また、本人確認のための身分証明書は法律で決められていることですので、こちらも従う必要があります。しかし、できれば、書類はこれだけにしたいものです。

しかし、一般的には返済能力、その根拠を調べるために、多くの場合に収入証明書が必要になります。源泉徴収や所得証明書を提出することが求められることが多いです。しかし、源泉徴収をわざわざ取り寄せるには、会社に申告する必要が出てきます。

また、所得証明は役所に出向かなくてはならず、仕事をしている方には時間の都合がつきにくいのが現状です。ですから、収入証明書を揃えることは、敷居の高い面倒なことになってしまう場合が多いのです。これが不要ならと思うことも多いです。

では、その面倒な点を省いてくれればキャッシングしやすいのにと思った方には、収入証明書不要の契約するのがお勧めです。中には収入証明書不要で審査、結果を出していくれる業者もあるので、それを探すのが安心で面倒もありません。

収入証明書不要と言っても、収入源の確認はしています。ですから、勤務先が明確にわかったり、金額の上限などの条件が付くこともあります。しかし、それでも必要最小限の書類でよいので、手間も時間も無駄にしないで済みます。
(⇒融資金利の法則について

このように収入証明書1つで、面倒が断然減るので、急いでいる時や、書類が揃えられそうにない時などは重宝します。うまく活用して、煩雑な手間を省きつつ、スピーディーにキャッシングしましょう。

【参考ページ】
融資を受ける時に必要な条件