質問あります!無職でもキャッシング可能な大手を教えてほしい

私はいま無職です。主夫をやっています。共働きだったのですが、たまたま私だけ仕事を失いました。こんな状態なんで、できればキャッシングを活用して生活を安定させたいのですが、無職ではムリでしょうか?あまり知らない会社からは借りたくないので、大手でお願いしたいのです。
(⇒無職の融資審査における立場

大手や信用できる金融機関にもありますが限度額は少なくなります

専業主婦・主夫でも借りることのできるカードローン、しかも大手といえばまずバンクイックです。限度額は30万円以内になってしまいますが、配偶者が収入が継続性があり安定していれば審査に通る可能性は高いです。

楽天銀行スーパーローンカードもOKです。ただしは限度額が最高で50万円になりますのでご注意ください。イオン銀行のカードローンも可能性があります。調べてみることをお勧めします。主婦だけなのか。主夫でもいいのか。そのあたりの考え方をチェックしてみてください。学生でなければいいことになっています。(参考ページはこちら→学生は大抵の融資が使えない?

このほか大手というには知名度が限られていますが、信頼性の高い金融機関にも目を向けてみてください。地方銀行、信用金庫で専業主婦も可能なタイプのカードローンを用意していることが多いので、お近くの銀行、信金などで情報を収集してみてはいかがでしょうか。

もし奥さんが「ろうきん」つまり労働金庫の条件に合っているのなら、そこでは同一生計の家族も借りることのできるカードローンを提供しています。これも検討してみるといいと思います。金利が低いのが魅力です。

ただし、申し込む前に確認しておきたいことがあります。配偶者の信用で審査するため、配偶者がすでにいくつかのローンを利用している場合は審査に通らない可能性が高くなります。総量規制の年収の3分の1までの貸し出しという規制に引っかかってしまえば難しいでしょう。

よく、配偶者に知られないようにカードローンを利用したいという相談もありますが、借り入れについては夫婦である以上、隠し事なしでいくのが理想です。あとでバレたときに問題が大きくなるのが明らかだからです。

ある専業主婦がキャッシングを申し込んで断られたので、ご主人に相談したところ「借金は絶対ダメ」と頑なに拒絶したそうです。なぜそれほどキャッシングを否定するのか。よくわからなかったのですが、あとでご主人がすでに多重債務に陥っていて、大変なことになっていたことがわかりました。

それだけが原因ではありませんが、このご夫婦は離婚してしまいました。お金だけの問題ではなく、「信用」とか「信頼」に結びつきやすいテーマですから、ご夫婦でよく話をして申し込むことをお勧めします。

大手金融会社で、無職でもキャッシング可能な場合

生活をしていると、いろいろなことが起こる可能性があります。例えば、順調に仕事をしてきていたのに、急にリストラされてしまったり、病気やけがに見舞われて仕事ができない状態になったり、人生何が起こるのかもわかりません。無職では、今まで通りの生活をしていくのも大変になることでしょう。そういったときには、知り合いや身内といった近しい人を頼るのも一つの方法ですが、あとで揉めたりすることもあるので、あまりおススメできません。それなら、金融会社などの外部機関から借りた方がまだ気が楽なものです。

外部機関というと、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などがありますが、いずれにしても審査があります。そして、これらのところでは、審査などにも違いがあるので、自分の状況に合っているところに借りるようにするといいでしょう。

一般的に、銀行やクレジットカード会社では、審査が厳しく、時間がかかることが多いのです。審査が緩いのは、消費者金融であって、会社員や公務員はもちろんのこと、派遣や契約社員、アルバイトやパートであっても、収入の見込みがある人ではたいてい通るのです。しかし、基本的には無職の人では、キャッシングの審査には通らないと思っていた方がいいでしょう。

しかし、無職であっても条件付きで、大手の消費者金融の審査に通ることも有ります。それはどのような場合でしょうか。無職でもキャッシング可能になる場合もあるのは、次の勤め先が決まっている、つまり内定が出ているときや、自分は無職だけれど、親や配偶者などに十分な財力があると判断された場合、派遣や契約社員で契約期間の間で一時的に無職であっても、仕事の予定がある場合などになります。また、年金生活者でも、60代でまだ若く、働くことができるという可能性がある場合でも通ることがあります。

このように、いくつかの場合では無職であっても、テレビなどの宣伝でおなじみの大手の会社のキャッシングが可能になることもあるのです。