銀行の金利は消費者金融会社のキャッシング&ローンよりお得

25歳のOLです。カードローンはどこがいいんでしょうか、銀行の金利は一番安くて利用限度額も高いと言われていますが実際、消費者金融会社のキャッシング&ローンよりお得なんでしょうか?(参考ページはこちら→金利の違いが気になるなら比較してみよう

キャッシングは通常クレジットカードでのキャッシングを指します

カードローンとキャッシングは良く似た言葉ですが現在カードローンでは、キャッシングというのはクレジットカードのキャッシング枠を使う場合に用いられる事が多いです。つまり業界用語のようなものです。ところが実はカードローンとキャッシングは同じような意味なんです。キャッシングとはお金に係わる出し入れ全てを言います。だからお金を借りるのもキャッシングと呼んでも間違いではありません。自分の預金口座からお金を引き出すのもキャッシングです。友達にお金を借りるのをキャッシングと呼んでもいいんです。

でもカードローンは違います。純粋にお金を借りる契約を表します。だから実際は曖昧に使われているのが現状ですが、最初にご説明したようにカードローンの業界では、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる事を指します。ただし一般的に広く使われたりもしています。ですから消費者金融会社の場合はカードローンと呼ぶのが普通です。そして信販会社のクレジットカードによるキャッシングです。これに加えて銀行のカードローンと銀行系のカードローンというグループ分けになります。

そこで銀行のカードローンと、その他(銀行系・信販会社・消費者金融会社)のカードローンとではどちらがお得かというと、答えはあえて言うまでもありません。銀行がお得です。その理由は金利が安く利用限度額が高い事です。それだけの条件ならば誰もが銀行を利用して、その他のカードローンは利用しません。でも現実は銀行だけでなく銀行系消費者金融会社とか、信販系のクレジットやキャッシング、さらに消費者金融会社のカードローンという風に多くの利用者が分散しています。

それは単純に金利だけの条件でお客様がお金を借りていないからです。金利以外の条件とは例えば借りやすさがあります。銀行は一般的に審査が厳しいと言われています。いくら条件が良くても貸してくれないのなら意味がありません。それに使い勝手の良さも大事なポイントです。いくら金利が安くても、貴方の町に利用できる金融機関がなければ意味がありません。単純に金利だけで考えれば銀行がお得な事は疑う余地がありません。

でも借りやすさも見逃せません。必要な時にお金が手に入らないのなら安い金利も意味がありません。使い勝手の悪い金融機関は、ずっとストレスが溜まります。精神的な満足度もお金では図れません。それらの全てを考慮してお客様はカードローン会社を選びます。ですから全ての要素を抜きにしてお金の部分だけで損か得かというご質問ならズバリ銀行がお得ですね。

キャッシング&ローンなら銀行金利が安くていいですね

キャッシング&ローンを考える場合、銀行金利が安いですし、銀行で借りるのが最も信頼できますし便利です。今都市銀行や地方銀行では顧客獲得の為、金利をできるだけ下げて競争しています。借りる側にとっては嬉しい話です。キャッシング&ローンでお金を借りるというのは、アメリカでは一般的にポジティブなことであり、お金を借りて学校に行ったり商品を買うのはごく当たり前のことです。
(⇒銀行からの借り入れが人気なのは当然?

日本でも住宅ローン、カーローン、また学資ローンなどは一般的になっています。何か目的があってお金を借りるのはその目的を達成する為に必要なことです。急な冠婚葬祭でも欠席したり全くお金を出さないよりは、気持ちを表した方がいいでしょう。

テニスの全米オープンで錦織圭選手が準優勝しましたが、十代からアメリカに留学すると莫大な費用がかかります。でもお金をかけてアメリカに行かなければ未来は開けません。アメリカの学生は学費を賄う為にローンを組んでいることが多く、皆将来の夢や目標の為に投資をしています。

もちろん何の当てもなく無制限にお金をあちこちから借りることはよくないですが、銀行金利は顧客のことを考え安く設定されていますし、銀行のキャッシング&ローンは非常に信頼できます。コンビニのATMでも借入や返済が手数料なしでできる場合が多くとても便利ですね。
(⇒低金利な融資は低リスクです

さてキャッシング&ローンの銀行金利は今とても安く設定されていますが、今後もこの低金利が続くのでしょうか?今、日本は景気回復の途上にあり消費税増税や企業のベースアップ、また輸入している原材料の高騰で商品価格がアップしています。この傾向が今後も続くと銀行金利も上がる可能性があります。

景気が上向きになることはいいことですが、金利も上がるのは困りますよね。今のうちに安い銀行金利を活用してキャッシング&ローンでお金を借りておくと安心ですし、金利が上がった時も困らなくてすみます。やはり借りるなら今が一番でしょう。

金融商品を購入する場合は、銀行でいろいろ審査があり借り入れる際の限度額が決まってきます。銀行は顧客を大事にしますし返済してもらわないと利益が出ませんから、無理にお金を貸したり限度額を大きく設定することはありません。このあたりも銀行でお金を借りるとホッとする理由でしょう。担当者も優しい人が多く気軽に相談できます。長い付き合いをするなら銀行でお金を借りるのが一番ですね。
(⇒審査に通る為に考えておきたい事とは