過去にブラックだった私も即日キャッシングはできますか?

過去の話ですが、実はブラックだったのです。返済の延滞でかなり迷惑をかけています。その後、借り入れはしていません。こんな私でも即日キャッシングはできるでしょうか?
(⇒ブラックってどんな状態?

現在きちんと勤めるなどして安定した収入があれば可能性は高い

過去の件は過去として、これからのことを考える必要があります。当時はいろいろな事情があって返済がうまくできなくなっていたのでしょう。ですが、1度でもこうしたトラブルを引き起こしてしまうと、なかなか「また借りよう」と思っても、「ブラックだったから」と気が引けるのかもしれません。

ですが、お金の問題はお金で解決するのが基本。当時は返済で手こずったとしても、それはもうなんらかの解決をしているわけです。今後のお金の問題は、これからちゃんと対応していけばいいのです。1度の失敗で永遠にアウトということはあり得ません。むしろ、そのときの失敗を繰り返さないように気をつけることができるのではないでしょうか。

信用情報は、信用情報機関に集約されていますが、保存は5年としています。これも、やはり経済の問題なので、5年が限界というのはきわめて当然のことでしょう。5年も前のことを蒸し返されても、事情が違う現在では意味がないことも多いと思います。

これはあくまでもお金の話です。そもそも借金の時効は5年または10年です。貸金業から借りたお金については、最後の返済から5年後に時効が来ることになります。まさに踏み倒すわけで、最悪の事態です。ただ、このような最悪の場合でも時効があることを考えれば、返済をする気があって、きちんと返済をしようとしていた人に、永遠に「ブラック」といった汚名を着せるわけにはいかないことは明らかです。

信用情報は審査に活用されますので、影響はゼロではありません。しかし、信用情報にある記録だけで審査するわけでもありません。利用できる条件があるなら、できるだけ利用してもらう方向で審査するのが基本です。貸金業は、お金を貸さないとビジネスになりませんから。

むしろ現在、どのような仕事について、どれぐらいの安定した、そして継続的な収入を得ているのか。そこが問題になってきます。これは過去になにもなかった人と同じです。
(⇒仕事に関しては特に重要?

ただブラックの人の中には、焦るあまり、短期間に複数の新規申し込みをしている人がいます。こうしたことは、審査にとって悪影響しかありません。もし、すでに申し込んだことがあって審査に落ちているときは、少なくとも3ヵ月以上は間をあけて申し込むようにしてください。また、同時に複数への申し込みも避けた方がよいでしょう。

貸す側としては、基本的には貸さないとビジネスになりません。だからといって、悪意のある借り手に貸すこともできません。複数の申し込みを短期間にする、何度も申し込みをする、といったケースはとても、善良な借り手には見えない行為なので要注意です。

【参考ページ】
融資する側はどんなところを見ている?

過去にブラック入りした人も時期が過ぎれば即日キャッシング可能

日常生活の中で急な出費に見舞われた時には、消費者金融のキャッシングを活用すると便利です。会社帰りの飲み会やお得意様の接待、または自分のために靴や服など購入したり、彼女へのプレゼントとしてブランド物やジュエリーを購入したりする時にもサッと迅速にお金を埋め合わせることができるので、これまで不可能だったことがいとも簡単に可能となって思いがけない効果を生んでいくはずです。

そもそもキャッシングとはインターネットや電話、ファックス、郵送などで申し込みを行い、然るべき審査をクリアした後に希望融資額を銀行の預金口座に一括振り込みしてもらえる優れもの。ネットや電話などの即時性の高い方法を選ぶと40分から60分のうちに審査が完了し、そのまま即日融資してもらえる可能性も高まります。その意味でも本日中、あるいは翌日にお金が必要といった場合でも十分余裕を持って手続きを行うことができるのです。(参考ページはこちら→キャッシングは急いでいる人でも借りられます

ただし、キャッシングの審査では幾つかの注意点も押さえておく必要があります。審査においては申請者の職業や年収などを鑑みて経済力や返済能力を算出して基準と合致しているかどうかが判断されますが、これ以外にも信用機関への情報照会によってその人が過去に返済が遅れて問題を起こしたり、あるいは返済不能となって法的手続きに打って出たりした経歴がないかどうかを調べることも欠かせません。
(⇒信用機関とはどんな場所なのか

もしもこれらの返済の遅れ、法的手続きを行った過去があると、その事実はブラックリストとなって信用情報に刻まれ、程度によって5年から7年、長いものだと10年くらいにわたって消えることはありません。その間、もちろん消費者金融の審査に通る可能性もかなり低くなってしまいます。

そのため、もしも過去にブラック入りしたことがある人が再度キャッシングの申し込みを行う際にはそのタイミングが重要となります。5年、7年、10年などといった時効を鑑みて申請を行わなければ、もしも自分の情報がブラックなままだと審査に落ちつづけることになってしまいます。

また、これらの信用情報は自分で問い合わせて確認することも可能です。有料になりますので、然るべき問い合わせをおこなって確認した上で申請するようにしましょう。