銀行のキャッシングを利用すればどれぐらい低金利になるのか

消費者金融に比べると銀行のキャッシングの方がいいような気がします。とくに金利では銀行系のほうがいいのではないかと思っているのですが、いかがでしょうか。銀行を利用すればかなり低金利になると思うのですが。(参考ページはこちら→銀行の方がそんなに便利なのか?

銀行にとらわれず低金利のローンを見つけてみましょう

キャッシングという場合、一定の限度額の範囲で何回でも借りられるタイプだと思いますが、カードローンと呼んでいることが多いと思います。実は消費者金融も銀行もカードローンの金利はそれほど大きな差はありません。例外はクレジットカードです。クレカのキャッシングはどこも金利は高めです。(参考ページはこちら→金利の数値は先に見ておこう

大ざっぱに言えば、クレカのキャッシングは年率14.4~18%(三井住友VISA)。消費者金融のカードローンは4.7%~18.0%(アコム)、銀行4.6%~14.6%(バンクイック)といった例を見れば、だいたい感じがつかめるのではないかと思います。

ただし、低い金利は条件がかなり違うものと考えてください。クレカならゴールドカード会員など一般とは違う条件の人が金利を優遇されます。消費者金融、銀行のカードローンで金利が低いケースは、100万円以上の限度額が設定できる人のうち、もっとも信用の高い人ほど、金利が優遇されていきます。
(⇒良い条件で借りるなら審査も厳しくなる?

つまり、はじめてキャッシングを利用する人の多くは、もっとも高い金利が適用されると思っておく必要があります。それで見る限り、銀行系は確かに、金利は少し低いと言えるでしょう。

もっとも、少しでも金利の優遇されるキャッシングを利用したいのなら、もっと広くカードローンを探してみる必要があります。たとえば、ろうきんカードローンでは3.875%~8.475%(中央労働金庫)といったとても魅力的な金利が設定されています。ただし、ろうきんの利用ができる人には制限がありますし、カードローンの限度額も最高は500万となっていますが、会員以外は限度額が100万円となっています。

このような点から見ておわかりのように、商品性にそれほど変わりがなければ、適用される金利も実際にはほとんど同じです。大きな金利差をつけようと思えば、よりハードルの高いカードローンに挑戦するしかありません。

条件が多い、限度額が低い、審査が厳しいといった点が、低金利の傾向と考えていいでしょう。つまり、カードローンによるキャッシングをもっとも利用したいと考えている人たちにとっては、できるだけゆるい審査で、高い限度額で、手続きも簡単なものにしてほしいと思っているはずですから、そういうキャッシングは、金利面ではあまり期待できないのです。

もちろん、銀行によっても少しずつ差があるのも事実なので、少しでも低い金利を希望するのなら、幅広く調べてみることが必要になります。同時に、申し込みの条件もしっかりチェックしてください。せっかく見つけた低金利のキャッシングでも、自分の条件に合わなければ申し込みさえできませんから。

お金に困ったときには!銀行系キャッシングは低金利で安心です

どうしても日々の生活の中でお金に困ってしまうことがありますよね。

このようなときには、キャッシングを利用することでそのピンチを乗り切れることが多いです。

とはいえ、初めてキャッシングを利用する方はやはりわからないことだらけでしょうし、不安な点も多いでしょう。

ですから、初めてお金を借りるのであれば、銀行系カードローンという種類のキャッシングがおすすめです。(参考ページはこちら→初めての人にもおすすめの融資について

これは、消費者金融などの貸金業者ではなく銀行が個人向けに発行しているカードローンです。

もちろん消費者金融が危険だということではありません。

ただ、やはり身近な存在である銀行であれば、その安心感が大きいというのは事実なので、抵抗なくお金を借りるにはうってつけだということです。

さらに、このカードローンの優れた点は、低金利である点です。(参考ページはこちら→低金利は融資の大きなメリットです

全体的に金利の設定が低めの水準になっていますので、やはり返済していく上では有利ですし、トータルの支払額も抑えることが可能です。

また、近年ではネットバンク系カードローンの台頭もありますから、金利競争も激化しており、ますます低金利化の傾向にありますし、様々な付加価値のついた商品を打ち出していますから、サービス面でもとても充実してきています。

以前の銀行系カードローンの場合には、たとえば審査に時間がかかりすぎるので、その日のうちにお金を借りられないというケースがほとんどですが、現在では即日融資が可能な商品も多くありますし、インターネット申込みなどに対応している商品もとても増えてきています。

また、総量規制の対象外のキャッシングなので、年収の3分の1ルールもありませんし、専業主婦のように収入のない方であっても利用できる商品も多数あります。

パート主婦であっても、ご主人の年収なども加味して審査してもらえることがあるので、年収の3分の1以上借りれる可能性も十分にあります。

このように、銀行系キャッシングは低金利な上にとても便利になっていますから、とても優れた商品なのです。